2011年8月31日水曜日

アペルトゥーラ2011 第5節 vsベルグラーノ(H)直前情報

明後日の夜、HOMEでベルグラーノと対戦します。

日  時:9月2日21時10分(日本時間翌9時10分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:ラベルニ
順  位:サン・ロレンソ5位(勝ち点7) ベルグラーノ16位(同3)
通算成績:サン・ロレンソの11勝8分2敗(23得点13失点)
直近結果:サン・ロレンソ 1-0 ベルグラーノ(07後期第3節)
ネット中継:Justin.tv USTREAM ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ビアンチ・アルセ、トゥーラ、ボティネーリ
MF:テレチェーア、カリンスキ、オルティゴーサ、バサーン
10:メンデス
FW:サルゲイロ、ジグリオーティ

ルーナが前節前半に右膝を捻挫し15~20日間アウト。
というのを受けてエンガンチェありの3バックへ。
初先発のテレチェーアは11番を本職にしているものの本人によると右利き、8番でも遜色なくやってくれるでしょう。
10番は好調メンデスが務めます。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:カルモーナ、フェラーリ、パロミーノ
MF:アルバラード、ロマニョーリ、ゴンサーレス
FW:メンセゲース、ロメーオ

ペルアーノが干され気味。

対ピラータス。
最後に対戦したのはマタドーレスが優勝した07後期3節HOMEでの試合で、結果は1-0の勝ち。

前半終了間際、ロベルト"マリンガス"ヒメーネス。
HOMEでしたが、06前期最終節ペドロ・ビデガインでのセルベセーロス戦でインチャスが問題を起こし使用禁止のペナルティを受けたため、この時はボステーロスのカンチャで戦いました。
ミジョナリオスをBに蹴落として昇格を決めたチームは今期ここまで未勝利。
3連続ドローのあと前節HOMEでレプローソスと対戦し、2-3で敗れています。
特記事項を挙げるとすれば、ディアブロスからあのアンドレス・シルベーラが加入したことくらいでしょうか。

主審はラベルニ。
最後に担当したゲームは昨期7節AWAYでのアウリネグロ戦で、結果は1-0の勝ち。

73分、FKからラージョ→ウルグアージョと渡りゲット。
その1分後、4分前にイエローを1枚もらっていたボティがハンドの判定で2枚目をもらい退場しましたが、何とか守り切りました。
これを含め国内リーグにおけるアスルグラーナの試合実績は20戦10勝4分6敗(24得点18失点)。
セレステとこの審判は不明です。

これからアルゼンチンに向かうため1日早く書きました。
追加や修正等、試合前に時間があったので、手直ししました。

2011年8月30日火曜日

アペルトゥーラ2011 第4節 vsボカ(A)ゴール裏

今回も3階席のみの割り当てで、入れたカラスたちは4,000羽だけ。


ボエードからラ・ボカへ。


ラ・ボンボネーラ着。


チーム入場。


ゴ~~~~~ル!

カンチャに到着するまでの雰囲気あるビデオも加えてみました。

チャウ

2011年8月29日月曜日

アペルトゥーラ2011 第4節 vsボカ(A)ダイジェスト

もうすぐ現地に戻りますが、寒いらしいです。。。


クラブ公式。


TyC Sportsの"PASO A PASO"。

リーグ戦でフィールドの選手たちがネーム入りを着用することは久しくありませんでした。
オリオーンからはようやく初ゴールです。
沈黙し微動だにしないことからラ・グロリオーサに「お前は写真」と歌われ、自チームのスター選手に「もっと応援してくれ」のジェスチャーで煽られるラ・ドーセ。
今回は唯一まともに歌える"ダレボ"連呼ソングすらヌルかったんじゃないか。

チャウ

2011年8月28日日曜日

アペルトゥーラ2011 第4節 vsボカ(A)結果

1-1。
ここで一服。


27分にJRの放ったFKがわずかに枠を外れてから2分後、CABJでDTを務めるJCFがCABのDTだった時にエクアドルからアルゼンチンに連れ戻したメンデスのFKが枠をとらえてCASLAが先制。
後半に入ってまもなくの50分、右サイドを破られクロスを上げさせると床屋泥棒ビアートリが繋いでフィニッシュはクロアータのシタニーチ。
今期初のクラシコは勝ち点1を持ち帰るに留まりました。

シクロンが直接FKをぶち込んだのは、5-1で勝利した09後期第4節HOMEでのCARP戦でアドリアン・ゴンサーレスが決めて以来ほぼ2年半ぶり。
左足からに限定すると、前の節に優勝を決め2-1で勝利した07後期最終節AWAYでのQAC戦でオスマール・フェレイラが決めて以来と、さらに久しぶりのことでした。

次節は金曜日、HOMEでベルグラーノと対戦します。

チャウ

<記録>
GK:ミグリオーレ
DF:トゥーラ、ビアンチ・アルセ、
  ボティネーリ、ルーナ(27' テレチェーア)
MF:メンデス(79' パロミーノ)、カリンスキ、
  オルティゴーサ、バサーン
FW:サルゲイロ(80' メンセゲース)、ジグリオーティ
監督:アサー
サブ:シャンパーン、ロマニョーリ、ゴンサーレス、ロメーオ

カンチャ:ボンボネーラ
主審:ピターナ
ゴール:29' メンデス(SL)、50' シタニーチ(BJ)
退場者:なし

2011年8月27日土曜日

アペルトゥーラ2011 第4節 vsボカ(A)直前情報

明日の夜、AWAYでボカと対戦します。

日  時:8月28日18時10分(日本時間翌6時10分)
カンチャ:ボンボネーラ
主  審:ピターナ
順  位:サン・ロレンソ6位(勝ち点6) ボカ1位(同7)
通算成績:サン・ロレンソの69勝46分60敗(253得点243失点)
直近結果:サン・ロレンソ 1-0 ボカ(11後期第5節)
ネット中継:Justin.tv USTREAM ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:トゥーラ、ビアンチ・アルセ、ボティネーリ、ルーナ
MF:メンデス、カリンスキ、オルティゴーサ、バサーン
FW:サルゲイロ、ジグリオーティ

トゥーラが未払金問題最終決着により4番で復帰。
これを受けルーナが逆サイドの3番へ。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:カルモーナ、フェラーリ、パロミーノ
MF:アルバラード、テレチェーア、ロマニョーリ、ゴンサーレス
FW:メンセゲース、ロメーオ

ロマニョーリは鼠径ヘルニアが完治しサブへ。

対シェネイセ。
昨期はHOMEでの対戦で、結果は1-0の勝ち。

前半のシエスタから目覚めたクエルボは66分、アウレリアーノがゴラーソ。
その後得点を許さず完封しました。
今季はともにガチのライバルが不在に。
こちらは慣れていますが、あちらは初めてのこと。
その喪失感は決して小さくないでしょう。
このクラシコでは、プロ化後初対戦となった1931年8月16日AWAYでの試合でシクロンが2-0の勝利を収めて以来、直接対決における優劣の構図は変わらず。
勝敗で4度並ばれることはあったものの、47年に13勝13敗を記録したのを最後にその差は広がり、72年5月28日敵地で3-0のゴレアーダを決めた時には最大となる15勝差も付けていました。
しかしエル・ガソーメトロを奪われ2部落ちを経験するなど、79年から84年までに訪れた低迷期には13試合にも渡って勝てないという屈辱。
そして90(正式には91?)年に短期リーグが開始されてからは完全に拮抗しています。

HOME:21戦12勝3分6敗
AWAY:21戦5勝5分10敗
中立地:1戦0勝0分1敗 ※08前期優勝決定戦@ラシン
合計:43戦17勝8分17敗

という流れで来て現在は9試合勝ち越しです。(データに1試合数字が合わないところがあるのは、90前期ラ・ボンボネーラでの試合中サン・ロレンソが1-0でリードしていた時に両バーラスが衝突しボカのソシオ1名が巻き込まれて死亡、「両チーム負け」の裁定が下されたため)

相手は開幕3試合無失点。
最後の砦はあのオリオーン。
ピンチャ時代に奴のゴールマウスを一度も破れなかった、いや破らなかったのは、このボステーロ戦まで取って置きたかったからと強がってみようか。
リベーロもレンタルで健在。
交換リースで迎え入れたヒメーネス返品による補償はまだ受けられていないところ。
あのダサいユニフォームがやたらと似合うエルビーティも出てくることでしょう。
叩き甲斐ありすぎです!

主審はピターナ。
最後に担当したゲームは昨期11節AWAYでのマタドール(偽物)戦で、結果は0-1の負け。

始まって間もなくの4分、フェラーリがオウンゴール。
完全にラインを越えたかどうか判然としない微妙なゴールでマタドール(本物)は敗れました。
なお、一昨期5節には明日と同じカンチャで同カードを裁き、バルサスとメンセゲースのゴールで試合を優位に進めたアスルグラーナが2-1で勝利しています。
これらを含め国内リーグにおけるCASLAの試合実績は9戦4勝1分4敗(9得点8失点)。
CABJとこの審判は不明です。

AWAYでのトータルは85戦28勝22分34敗。
いま対ボスタは2連勝中なので、3連勝して対戦成績AWAY-5&総合+10にしちゃいましょう!

LOS CAPOS DE LA BOCA SON LOS GAUCHOS DE BOEDO!!
ラ・ボカ地区の支配者はボエード地区のガウチョたち!!

チャウ

2011年8月25日木曜日

カルフール、臨時休業

ラ・プラタ大通りの店だけ、突如。


「改装のため15日程度休業」が公式発表。
しかしいきなりのことで出勤した従業員は中に入れず困惑。
他支店は営業中。
2週間以上閉めたことは過去になし。
今のところこれといって改装の動きなし。
そして他の支店への人事異動が盛んに。
だそうです。

一昨年か昨年には「カルフール、全ラテンアメリカから撤退か?」のニュースがありました。
「中国系に買収される」という噂も。

近い将来に何かあった場合、CASLAにとって吉と出るか凶と出るか。
議会を通してボエード復帰を目指している今、我々の聖地を第三者に売却されたりするとまたヤヤコシイことになります。
要注視です。

2011年8月24日水曜日

アルヘンティーナ2011/12概要

掲載が遅くなりましたが、開催決定しています。


シクロンももちろん参加です!

<期間>
2011年8月31日(木)~2012年5月22日(火)

<参加チーム数>
1部プリメーラA:20チーム
2部ナシオナルB:20チーム
3部プリメーラB:21チーム
3部アルヘンティーノA:25チーム
4部プリメーラC:20チーム
4部アルヘンティーノB:60チーム
5部プリメーラD:18チーム
招待インテリオール:2チーム
合計:186チーム

<開催地>
予備選ラウンドはH&A。
予選ラウンドは一発勝負のため抽選。
決勝ラウンドも一発勝負で大会組織委員会選定の4会場使用。

<方式>
〇予備選ラウンド(7月17・24日、8月28日)
どのカテゴリーにもチームを有していないラ・リオハ州とティエラ・デル・フエゴ州から各1チーム選抜し、招待チーム決定。

〇予選ラウンド
-1次-(8月31日、9月1日)
プリメーラD18チームが戦い9チーム勝ち抜け。

-2次-
"メトロポリターナ"(9月7・8・14・15日)
プリメーラB21チーム+プリメーラC20チーム+1次勝ち抜け9チーム=計50チームが戦い25チーム勝ち抜け。

"インテリオール"(9月7・8日)
アルヘンティーノA25チーム+アルヘンティーノB60チーム+招待2チーム-5チーム=計82チームが戦い41チーム勝ち抜け。

-3次-(9月14・15日)
2次"インテリオール"勝ち抜け41チーム+2次"インテリオール"不参加5チーム=計46チームが戦い23チーム勝ち抜け。

-4次-(9月21・22・28・29日)
2次"メトロポリターナ"勝ち抜け25チーム+3次勝ち抜け23チーム=計48チームが戦い24チーム勝ち抜け。

〇決勝ラウンド
プリメーラA20チーム+ナシオナルB20チーム+予選ラウンド勝ち抜け24チーム=計64チームでトーナメント。
4つに分けられた各ヤマ(グループ)は昨季の成績を基に振り分けられたプリメーラA5チーム+同ナシオナルB5チーム+予選ラウンド勝ち抜け6チーム=計16チームで構成。
90分で決着がつかなかった場合は延長戦なしでPK戦に突入。
優勝チームはスダメリカーナ2012の出場権を獲得。

    Click para agrandar imagen./クリックすると拡大します。

1回戦:11月22・23・29・30日、12月6・8・13・15日
2回戦:2月28日、3月1・6・8・13・15・20・22日
3回戦:4月3・5・10・12日
準々決勝:4月24・26日
準決勝:5月15・17日
決勝:5月22日

というわけで、1部のCASLAはベスト64の決勝トーナメントから。
すべて一発勝負で6連勝すればカンペオンです。
初戦の相手は予選を勝ち上がってきたチームで、後日、抽選により決定されます。

さらに、一番下の予備選から参加を目指しているもう一つのサン・ロレンソあり!
ティエラ・デル・フエゴ州ウスアイア市のロス・クエルボス・デル・フィン・デル・ムンドで、同州リオ・グランデ市のレアル・マドリーと戦いHOMEでの第1戦は1-0で勝利。
第2戦AWAYは降雪&降雹により0-0のまま前半途中で延期が決定され、3日前の日曜日に予定されていた残りの消化も警察が別イベントに人員を取られたため再延期、決戦は今度の日曜日に組まれています。(ここでも何らかの事情で終了しなかった場合は抽選になるんだとか)


本選出場を決めれば、2次"インテリオール"でサンタ・クルス州リオ・ガジェーゴス市のボカと対戦です。
"最果ての地のカラスたち"も応援しましょう!!

2011年8月23日火曜日

AYUDAMOS A SAN LORENZO A PAGAR LA DEUDA

あるソシオたちのグループがクラブに提案し、募金用口座が設けられました。
これによって少しでも負債を減らせれば。

La cuenta DEUDA HEREDADA sigue creciendo.


Desde el compromiso que asumen a diario los socios e hinchas con la Institución, la cuenta del Banco Nación sigue creciendo y la esperanza sigue en marcha. SAN LORENZO TAMBIÉN TE NECESITA A VOS.

Los datos de la cuenta que el Club Atlético San Lorenzo de Almagro puso a disposición de sus socios e hinchas, en la cual puedan realizar depósitos que ayuden al Club a afrontar el apremiante estado financiero actual, son los siguientes:

Banco Nación
Cuenta Corriente Especial Nº 6520168949
Sucursal Avenida de Mayo (0015)
CBU 01106523-40065201689494
CUIT N° 30-52792977-2


Para realizar depósitos desde el exterior:
Código de Banco Nación en Comercio Exterior: NACNARBA
Domicilio Club San Lorenzo de Almagro: Av. de Mayo 1373 - Argentina
TE: 4016-2600

Pese a tratarse de una cuenta en Pesos Argentinos, aquéllos que deseen pueden realizar el depósito en dólares, los cuales serán automáticamente convertidos al momento de realizar la transacción. El Club dispondrá de los fondos recaudados para las obligaciones que considere prioritarias.
El Club informará semanalmente, a través de su web www.sanlorenzo.com.ar, el estado de evolución de los fondos de la cuenta.

Aquellos hinchas que remitan por mail a marketing@sanlorenzo.com.ar su comprobante de depósito, podrán participar de diversos sorteos.

AYUDANDO A SAN LORENZO, GANÁS VOS TAMBIÉN
SAN LORENZO TE NECESITA


スポットCMです。

地道に返して行きましょう。

2011年8月22日月曜日

アペルトゥーラ2011 第3節 vsアルヘンティノス(H)ゴール裏

ボエードはお祭り騒ぎ!


早くこの中に戻りたい。。。

9月2日(金)午前ブエノス・アイレス着。
当日、HOMEで5節ベルグラーノ戦です。

2011年8月21日日曜日

アペルトゥーラ2011 第3節 vsアルヘンティノス(H)ダイジェスト

遠く離れた日本で勝利を見届けた後、新子安で行われたバルドラール浦安のアサードにお邪魔してきました。


クラブ公式。


TyC Sportsの"SPORTIA"。

ダイジェストというよりハイライト。
ゴールシーンのみです。

浦安は現在Fリーグ首位。
選手もコーチもインチャーダの人々もみんないい人。
日本のフットサルではバルドラールを応援することにします!

2011年8月20日土曜日

アペルトゥーラ2011 第3節 vsアルヘンティノス(H)結果

3-1。
またしても新戦力活躍。


序盤の大ピンチを凌いだシクロンは25分、代表初召集が決まってノリノリのジグリオーティが2戦連発。
後半に入って68分、キルメスから加入のホタ・ホタ・モラーレスにやられいったん追いつかれるも、79分同じくQACから戻ってきた"ゴールの恋人"ロメーオが出場2分で大仕事。
終了間際のロスタイムには最後にボエードへやってきたウルグアージョ、エミリアーノ"モノ"テレチェーアが駄目を押し、決着を付けました。

対AAAJは4連敗でストップ。
HOMEでは昨期12節対CAH以来の勝利。
今季そのカードがなくなりCASLAにとって最も楽なクラシコとなった対CABJに勝てば、もう止まりません。
少なくとも1年間、最も厳しいクラシコ対CARPもありませんしね!

ということで次節は日曜日、AWAYでボカと対戦します。

<記録>
GK:ミグリオーレ
DF:ルーナ(77' ロメーオ)、ビアンチ・アルセ、
  ボティネーリ、パロミーノ(32' フェラーリ)
MF:メンデス(65' テレチェーア)、カリンスキ、
  オルティゴーサ、バサーン
FW:サルゲイロ、ジグリオーティ
監督:アサー
サブ:シャンパーン、カルモーナ、カブレーラ、メンセゲース

カンチャ:ペドロ・ビデガイン
主審:バルダッシ
ゴール:25' ジグリオーティ(SL)、68' モラーレス(AJ)、
    79' ロメーオ(SL)、92' テレチェーア(SL)
退場者:なし

2011年8月19日金曜日

アペルトゥーラ2011 第3節 vsアルヘンティノス(H)直前情報

明日の午後、HOMEでアルヘンティノスと対戦します。

日  時:8月20日17時05分(日本時間翌5時05分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:バルダッシ
順  位:サン・ロレンソ7位(勝ち点3) アルヘンティノス12位(同2)
通算成績:サン・ロレンソの55勝32分27敗(204得点134失点)
直近結果:サン・ロレンソ 1-2 アルヘンティノス(11後期第14節)
ネット中継:Justin.tv USTREAM ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ルーナ、ビアンチ・アルセ、ボティネーリ、パロミーノ
MF:メンデス、カリンスキ、オルティゴーサ、バサーン
FW:サルゲイロ、ジグリオーティ

前節と同じ11人。
トゥーラは未払金問題解決も今回は見送り。
ロマニョーリは鼠径ヘルニアの手術を受けリハビリ中。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:カルモーナ、サン・ロマーン、フェラーリ、メーサ
MF:アルバラード、テレチェーア、ゴンサーレス、カブレーラ
FW:メンセゲース、ロメーオ

カルモーナが右内転筋肉離れから復帰。
ラミーレスはインフルエンザ。
最後に加入したテレチェーアは次節からの出場が濃厚とも。

対ビーチョ。
昨期もHOMEでの対戦で、結果は1-2の負け。

開始6分に先制を許したクエルボは20分にピピのゴラーソで同点。
しかし前半ロスタイムに守備陣がもたつきまたしても失点。
後半挽回できず敗れています。
昨期5位に終わった彼らはとにかく引き分けが多く、およそ半数の9ゲームでドロー。
敗戦試合数は最少で優勝したリニエールスの4よりも少ない3でした。
今期もここまでの2試合でいずれも分けています。
現在ボエードはラ・パテルナルのチームに4連敗中です。
開幕3節の相手ラヌース、エストゥディアンテスそしてここが最近苦手としているところ。
1勝1敗で来ていますので、何とか勝ち越して次節AWAYボカ戦に臨むことができれば、最終節まで一気に行けます。(たぶん)

主審はバルダッシ。
最後に担当したゲームは昨期10節HOMEでのグラナーテ戦で、結果は1-1の引き分け。

後半に入って52分、交代で入ったばかりのピピのアシストから久しぶりにラージョが決めアスルグラーナが先制。
しかし69分、元ウラカンでよくやられていたゴルツにまたやられました。
これを含め国内リーグにおけるシクロンの試合実績は39戦19勝8分12敗(85得点77失点)。
ティフォン("ボジャカーの台風"というニックネームが一応あるらしいです)とこの審判は不明です。

WIKIPEDIA(西語)の日本代表。
その愛称に"Los Samuráis Azules"とありますが、今年の6月くらいまでは"Los Tifones"というのも記載されていました。
まったく聞いたことがないので削除して正解ですね。

ボティネーリ、ジグリオーティが代表へ

アレハンドロ・サベーラを新監督に迎えたアルゼンチン代表。
来週火曜日にエセイサのAFAトレセンで国内組が練習を行います。


サン・ロレンソからはジョナタン・ボティネーリとエマヌエル・ジグリオーティが召集されました。

来月2日(金)と6日(火)に組まれているベネズエラ戦とナイジェリア戦用のメンバーは海外組中心で別に発表されています。
今回の国内組は同14日(日)HOME&28日(日)AWAYで予定されているブラジル戦(相手も同様に国内組)を見据えてのことだそうです。

バティストゥータ、クレスポ以後、ガチ9番でろくな選手が出てきていません。
ジグリオーティには大いに期待したいですね。

2011年8月17日水曜日

アペルトゥーラ2011 第2節 vsエストゥディアンテス(A)ゴール裏

ラ・プラタをジャック!


インチャーダ入場前。


インチャーダ入場。


個人的に一番好きな歌。


ゴ~~~~~ル!


昔から歌い継がれたきた歌も健在。


ゴ~~~~~ル!!


ここ最近の新しい歌もいい感じ。


勝利を確信。

このカンチャでは08後期13節対ヒムナシア以来勝てていませんでしたが、改修されてようやく風向きが変わりました。

2011年8月16日火曜日

アペルトゥーラ2011 第2節 vsエストゥディアンテス(A)ダイジェスト

ここから上がっていきますよ!


クラブ公式。


TyC Sportsの"SPORTIA"。

相性最悪の主審アバールと9回目の顔合わせでようやく2勝目。
2勝3分4敗(5得点7失点)としています。

2011年8月15日月曜日

アペルトゥーラ2011 第2節 vsエストゥディアンテス(A)結果

2-0。
新戦力活躍。


後半エンジン始動。
59分、メンデスからジグリオーティ。
代理人作成PVで散々見せられた得意な角度、かたちから9番が先制。
さらに2分後の61分、今度は逆にジグリオーティからメンデス。
失点して浮き足立ったレオンに貴重な追加点を叩き込みました。
守備では危ういところがあったクエルボですが、何とか零封しています。

トゥルコのマタドーレスは5試合目で初勝利です。
チームとしては昨期第12節HOMEでのケメーロス戦で勝って以来。
またラ・プラタ市のエスタディオでは対ピンチャラータス初勝利。
AWAYでの同カードだと05前期第2節に1-0で勝って以来。
場所を問わなければ08前期第3節HOME3-0以来の勝利と、だいぶご無沙汰でした。

次節は土曜日、HOMEでアルヘンティノスと対戦します。

<記録>
GK:ミグリオーレ
DF:ルーナ、ビアンチ・アルセ、ボティネーリ、パロミーノ
MF:メンデス(74' ラミーレス)、カリンスキ、
  オルティゴーサ、バサーン(79' フェラーリ)
FW:サルゲイロ(68' メンセゲース)、ジグリオーティ
監督:アサー
サブ:シャンパーン、サン・ロマーン、ゴンサーレス、ロメーオ

カンチャ:シウダ・デ・ラ・プラタ
主審:アバール
ゴール:59' ジグリオーティ(SL)、61' メンデス(SL)
退場者:なし

2011年8月14日日曜日

アペルトゥーラ2011 第2節 vsエストゥディアンテス(A)直前情報

明日の夜、AWAYでエストゥディアンテスと対戦します。

日  時:8月15日19時10分(日本時間翌7時10分)
カンチャ:シウダ・デ・ラ・プラタ
主  審:アバール
順  位:サン・ロレンソ19位(勝ち点0) エストゥディアンテス14位(同1)
通算成績:サン・ロレンソの67勝46分47敗(257得点199失点)
直近結果:エストゥディアンテス 0-0 サン・ロレンソ(11後期第9節)
ネット中継:Justin.tv USTREAM ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ルーナ、ビアンチ・アルセ、ボティネーリ、パロミーノ
MF:メンデス、カリンスキ、オルティゴーサ、バサーン
FW:サルゲイロ、ジグリオーティ

カルモーナ右内転筋肉離れ。
トゥーラ未払金問題。
ロマニョーリ鼠径ヘルニア手術後リハビリ中。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:サン・ロマーン、フェラーリ、メーサ
MF:ラミーレス、ゴンサーレス、カブレーラ
FW:メンセゲース、ロメーオ

チャベスは今ナポリに売却も、移籍自体が来年頭になった場合はリスト入り。

対レオン。
昨期もAWAY(ただし@キルメス)での対戦で、結果は0-0の引き分け。

クエルボのシュートシーンは出てきませんが、ゼロではありませんでした。
今期あちらは豪華な補強をしています。

主審はアバール。
最後に担当したゲームは昨期3節HOMEでのラシン戦で、結果は1-2の敗戦。

10分、ボティネーリ。
43分、グティエーレス。
54分、グティエーレス。
これを含め国内リーグにおけるマタドーレスの試合実績は8戦1勝3分4敗(3得点7失点)。
ピンチャラータスとこの審判は不明です。

多忙につき今回はあっさり目。

2011年8月13日土曜日

アペルトゥーラ2011マーケット(14)

あとは出て行く人が出て来るだけ。

パーセント表示は保有または購入もしくは売却するパスの割合。
選手のパスを持っている者が前所属クラブではない場合は、間にその所有者が入っています。
フリーは選手本人所有です。

<IN>
GK:N.シャンパーン(100%=レンタル終了)←フェロ
DF:N.ビアンチ・アルセ(100%=レンタル終了)←オリンポ
DF:G.ボソーニ(0%=レンタル)←フリー←A.マドリーB
MF:E.カリンスキ(42.5%=0.41百万ドル)←投資家他←キルメス
MF:A.フアーレス(100%=レンタル終了)←インデペンディエンテRIV.
MF:E.テレチェーア(70%=トレード)←投資家←MVD.ワンデレルス
MF:G.バサーン(100%=レンタル終了)←インデペンディエンテRIV.
MF:G.メンデス(60%=0.65百万ドル)←投資家←バンフィエルド

FW:C.チャベス(100%=レンタル終了)←アトレティコ・トゥクマン
後述。

FW:E.ジグリオーティ(0%=レンタル)←ノヴァーラ他←A.ボーイス
FW:B.ロメーオ(0%=レンタル)←フリー←キルメス
FW:D.マルティーネス(0%=レンタル)←フリー←アルドシービ

<OUT>
GK:D.アルビール(0%=レンタル終了)→エストゥディアンテス

GK:B.センテーノ(100%=放棄)→フリー→アルマグロ
3部へ。

GK:M.ベガ(100%=放棄)→フリー→インスティトゥート
DF:D.エルネル(0%=レンタル終了)→フリー→ラス・パルマス
DF:F.シミオーリ(100%=放棄)→フリー→???
DF:Y.マリーン(100%=放棄)→フリー→???
DF:A.トーレス(70%=トレード)→投資家→トルーカ
DF:D.プラセンテ(0%=レンタル終了)→フリー→ナシオナル(URU)
MF:J.M.トーレス(0%=レンタル終了)→投資家→メタリスト
MF:G.ペレイラ(0%=レンタル終了)→フリー→引退?
MF:N.ベルトーチ(100%=レンタル)→アルドシービ
MF:R.アルフォンシーン(100%=放棄)→フリー→???
MF:M.ヒメーネス(0%=レンタル終了)→ボカ
MF:S.ルスクジェーダ(0%=レンタル終了)→投他→SGO.ワンデレルス
MF:L.リナルディ(100%=放棄)→フリー→???

FW:C.チャベス(50%=0.65百万ドル)→ナポリ
100%=1.3百万ドルですが、半分は代理人が保有。
いつものように既に切り売りされていました。

FW:C.アコスタ(100%=放棄)→フリー→???
FW:P.ベラスケス(0%=レンタル終了)→リベルター

今日、味スタ行って来ました。

2011年8月11日木曜日

アペルトゥーラ2011マーケット(13)

獲得第7号!!!!!!!
本日、仮登録選手分も締め切られました。

パーセント表示は保有または購入もしくは売却するパスの割合。
選手のパスを持っている者が前所属クラブではない場合は、間にその所有者が入っています。
フリーは選手本人所有です。

<IN>
GK:N.シャンパーン(100%=レンタル終了)←フェロ
DF:N.ビアンチ・アルセ(100%=レンタル終了)←オリンポ
DF:G.ボソーニ(0%=レンタル)←フリー←A.マドリーB
MF:E.カリンスキ(42.5%=0.41百万ドル)←投資家他←キルメス
MF:A.フアーレス(100%=レンタル終了)←インデペンディエンテRIV.

MF:E.テレチェーア(70%=トレード)←投資家←MVD.ワンデレルス
名前はエミリアーノ、愛称はモノ。
1987年7月5日モンテビデオ生まれの24歳。
契約期間は3年。
投資家が間に入り、このウルグアージョの70%+0.5百万ドル=アウレリアーノ・トーレスの70%で交換。
ポジションはパラグアージョと同じ。

MF:G.バサーン(100%=レンタル終了)←インデペンディエンテRIV.
MF:G.メンデス(60%=0.65百万ドル)←投資家←バンフィエルド
FW:C.チャベス(100%=レンタル終了)←アトレティコ・トゥクマン
FW:E.ジグリオーティ(0%=レンタル)←ノヴァーラ他←A.ボーイス
FW:B.ロメーオ(0%=レンタル)←フリー←キルメス
FW:D.マルティーネス(0%=レンタル)←フリー←アルドシービ

<仮登録>
DF:アレクシス・フェレーロ←リーベル
進展せず。

MF:パブロ・バリエントス←カターニア←エストゥディアンテス
進展せず。

MF:フアン・カルロス・マルドナード←ベルグラーノ
進展せず。

<OUT>
GK:D.アルビール(0%=レンタル終了)→エストゥディアンテス
GK:B.センテーノ(100%=放棄)→フリー→???
GK:M.ベガ(100%=放棄)→フリー→インスティトゥート
DF:D.エルネル(0%=レンタル終了)→フリー→ラス・パルマス
DF:F.シミオーリ(100%=放棄)→フリー→???
DF:Y.マリーン(100%=放棄)→フリー→???

DF:A.トーレス(70%=トレード)→投資家→トルーカ
ウルグアージョを連れて来た投資家が間に入りメキシコへ。

DF:D.プラセンテ(0%=レンタル終了)→フリー→ナシオナル(URU)
MF:J.M.トーレス(0%=レンタル終了)→投資家→メタリスト
MF:G.ペレイラ(0%=レンタル終了)→フリー→引退?
MF:N.ベルトーチ(100%=レンタル)→アルドシービ
MF:R.アルフォンシーン(100%=放棄)→フリー→???
MF:M.ヒメーネス(0%=レンタル終了)→ボカ
MF:S.ルスクジェーダ(0%=レンタル終了)→投他→SGO.ワンデレルス
MF:L.リナルディ(100%=放棄)→フリー→???
FW:C.アコスタ(100%=放棄)→フリー→???
FW:P.ベラスケス(0%=レンタル終了)→リベルター

元カピタンのトゥーラがまたクラブを訴えました。
前カピタンのボティネーリはラシン行きの可能性が消滅。
現カピタンはミグリオーレです。

アペルトゥーラ2011 第1節 vsラヌース(H)ゴール裏

今期から、直前情報-結果-ダイジェスト-ゴール裏で1節まとめたいと思います。


インチャーダ入場。


チーム入場。


勝ってても・・・


負けてても!!

敗れました。
でも熱かった!!!

2011年8月8日月曜日

アペルトゥーラ2011 第1節 vsラヌース(H)ダイジェスト

日本に着きました。


クラブ公式。


TyC Sportsの"PASO A PASO"。

数々のチャンス、どれも惜しかったですね。
しかし、暑い。。。

2011年8月7日日曜日

アペルトゥーラ2011 第1節 vsラヌース(H)結果

0-1。
黒星スタート。


29分、サン・ロマーンが股を抜かれてクロスを許す。
最後に触れたのはこちらの頭かあちらの足か?
このあと守りに入ったグラナーテ。
敵陣に迫るアスルグラーナ。
しかし今日は入らない日。
だったようです。

トゥルコのシクロンは未だ勝利なし。
かたちはそこそこ作れたので次に期待しましょう。

次節は15日月曜日、AWAYでエストゥディアンテスと対戦します。

<記録>
GK:ミグリオーレ
DF:フェラーリ、ボティネーリ、パロミーノ
MF:サン・ロマーン(58' メンデス)、カリンスキ、
  オルティゴーサ、バサーン(69' ラミーレス)
FW:チャベス、ジグリオーティ、サルゲイロ(76' ロメーオ)
監督:アサー
サブ:シャンパーン、ルーナ、ビアンチ・アルセ、メンセゲース

カンチャ:ペドロ・ビデガイン
主審:ペソータ
ゴール:29' レゲイロ(L)
退場者:なし

2011年8月6日土曜日

アペルトゥーラ2011 第1節 vsラヌース(H)直前情報

開幕!
明日の午後、HOMEでラヌースと対戦します。

日  時:8月7日16時15分(日本時間翌4時15分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:ペソータ
通算成績:サン・ロレンソの51勝30分34敗(227得点169失点)
直近結果:サン・ロレンソ 1-1 ラヌース(11後期第10節)
ネット中継:Justin.tv USTREAM ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:フェラーリ、ボティネーリ、パロミーノ
MF:サン・ロマーン、カリンスキ、オルティゴーサ、バサーン
FW:チャベス、ジグリオーティ、サルゲイロ

カルモーナはコパ・アメリカで右内転筋肉離れ。
トゥーラは右太腿裏違和感。
トーレスはコパ・アメリカで左二頭筋肉離れ。
ロマニョーリは鼠径ヘルニアの手術を受けリハビリ中。
レギュラークラスのDFに負傷者多数、エンガンチェも欠くことから、アサーは3-4-3を選択しています。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:ルーナ、メーサ、ビアンチ・アルセ
MF:ラミーレス、ゴンサーレス、メンデス
FW:メンセゲース、ロメーオ

新加入のD.マルティーネスは今週水曜日の練習中にルーナと接触し右腓骨骨折、手術を受け少なくとも75日間アウトの見込みです。

対グラナーテ。
昨期もHOMEでの対戦で、結果は1-1の引き分け。

前半は0-0。
後半に入って52分、交代で入ったばかりのピピのアシストから久しぶりにラージョ。
69分、元ウラカンでこいつだけにはよくやられていたゴルツ。
ドローながら対ラヌースの連敗を5でストップしました。
相手は主力がそこそこ抜け、主役のバレーリも契約で揉めて現在隔離されています。
最後に飛び込みでパボーネを獲得するなど補強面でのぬかりはないですが、即出てきたとしても調整不足確実。
そろそろアスルグラーナが勝っていい頃でしょう。

主審はペソータ。
最後に担当したゲームは昨期6節AWAYでのフォルティン戦で、結果は0-2の負け。

ゴール裏の友ラモン・アラマージョが警察に殺される事件があり試合は開始6分で中断。
後日、中立地ラ・ボンボネーラ、無観客、42分ハーフで再試合。
後半2/3を過ぎたところであちらのウルグアージョがゴラーソ。
そしてロスタイムにアウグスト・フェルナンデス。
シクロンは良いところなく敗れました。
これを含め国内リーグにおけるCASLAの試合実績は38戦14勝13分11敗(51得点48失点)。
CALはこの審判と35戦12勝13分10敗です。

試合開始時刻は当初16:10だったものの16:05に変更され、最終的に16:15に落ち着いています。
日本だとこの程度でもチケット払い戻し対象になるのでしょうか?(そもそもこんなドタバタ自体ないか)
実質プレイ時間5分未満で延期された上記CAVS戦のチケ代40ペソ、戻ってこないな。

2011年8月5日金曜日

EQUIPO APERTURA 2011 - 11前期登録選手・監督・スタッフ -

(1)Fecha de Nacimiento/生年月日
(2)Lugar de Nacimiento/出身地
(3)Apodo/ニックネーム
(4)Trayectoria/所属クラブ

<Plantel/選手>

Arqueros/GK
1.Nereo Champagne/ネレーオ・シャンパーン

(1)20.01.1985 (2)Salto (BA) (3)-- (4)Inf.-CASLA-Ferro

12.Ezequiel Mastrolía/エセキエル・マストロリーア

(1)25.03.1991 (2)CABA (3)-- (4)Inferiores (No debutó)

22.Pablo Migliore/パブロ・ミグリオーレ

(1)27.01.1982 (2)Villa Sarmiento (BA) (3)Loco (4)Germinal-Huracán-Boca-Racing


Defensores/DF
2.Cristian Tula/クリスティアン・トゥーラ

(1)28.01.1978 (2)Rawson (Cht) (3)-- (4)Ferro-River-Arsenal-River-CASLA-Arsenal

3.Gonzalo Bozzoni/ゴンサーロ・ボソーニ

(1)12.02.1990 (2)Las Palmas (ESP) (3)Gallego (4)Atl. Madrid C-Atl. Madrid B

4.Sebastián Luna/セバスティアン・ルーナ

(1)31.12.1987 (2)General Belgrano (BA) (3)-- (4)Quilmes

6.Jonathan Bottinelli/ジョナタン・ボティネーリ

(1)14.09.1984 (2)CABA (3)Botti (4)Inf.-CASLA-Sampdoria

13.Fernando Meza/フェルナンド・メーサ

(1)21.03.1990 (2)San Martín (BA) (3)-- (4)Inferiores

16.Nicolás Bianchi Arce/ニコラス・ビアンチ・アルセ

(1)28.01.1987 (2)CABA (3)-- (4)Inf.-CASLA-AEK Atenas-Olimpo

18.José San Román/ホセ・サン・ロマーン

(1)17.08.1988 (2)San Martín (Mza) (3)-- (4)River-Tigre

20.Giancarlo Carmona/ジャンカルロ・カルモーナ

(1)12.10.1985 (2)Lima (PER) (3)Pantera
(4)Universidad San Marcos-Alianza Atlético-Universitario

21.Adrián Martínez/アドリアン・マルティーネス

(1)13.02.1992 (2)CABA (3)-- (4)Inferiores

27.José Luis Palomino/ホセ・ルイス・パロミーノ

(1)05.01.1990 (2)San Miguel de Tucumán (T) (3)-- (4)Inferiores

32.Jonathan Ferrari/ジョナタン・フェラーリ

(1)08.05.1987 (2)CABA (3)Johnny (4)All Boys

41.Lucas Chaparro/ルーカス・チャパーロ

(1)01.11.1992 (2)CABA (3)-- (4)Inferiores

--.Gastón Aguirre/ガストン・アギーレ

(1)11.11.1981 (2)Adrogué (BA) (3)Tonga (4)Temperley-Olimpo-Newell's


Volantes/MF
5.Néstor Ortigoza/ネストル・オルティゴーサ

(1)07.10.1984 (2)San Antonio de Padua (BA) (3)Orti (4)AAAJ-Nueva Chicago-AAAJ

8.Enzo Kalinski/エンソ・カリンスキ

(1)10.03.1987 (2)Santiago del Estero (SE) (3)-- (4)Quilmes

10.Leandro Romagnoli/レアンドロ・ロマニョーリ

(1)17.03.1981 (2)CABA (3)Pipi (4)Inf.-CASLA-Veracruz-Sporting Lisboa

11.Emiliano Tellechea/エミリアーノ・テレチェーア

(1)05.07.1987 (2)Montevideo (URU) (3)Mono (4)Montevideo Wanderers

17.Fernando Gutierrez/フェルナンド・グティエーレス

(1)04.02.1989 (2)Avellaneda (BA) (3)-- (4)Inferiores

23.Salvador Reynoso/サルバドール・レイノーソ

(1)12.10.1987 (2)General Rodríguez (BA) (3)-- (4)Inferiores

24.Gonzalo Ramírez/ゴンサーロ・ラミーレス

(1)25.05.1992 (2)Villaguay (ER) (3)-- (4)Inferiores

25.Pablo Alvarado/パブロ・アルバラード

(1)27.02.1986 (2)El Calafate (SC) (3)-- (4)Inf.-CASLA-Belgrano

28.Gonzalo Bazán/ゴンサーロ・バサーン

(1)05.05.1989 (2)La Rioja (LR) (3)-- (4)Inf.-CASLA-Independiente Rivadavia

29.Gabriel Méndez/ガブリエル・メンデス

(1)08.05.1988 (2)Paso de Los Libres (Cts) (3)Demonio
(4)Racing-Olmedo-Cuenca-Banfield

33.Sebastián González/セバスティアン・ゴンサーレス

(1)04.03.1992 (2)Lomas de Zamora (BA) (3)Pulpito (4)Inferiores

38.Jonathan Pacheco/ジョナタン・パチェーコ

(1)08.05.1992 (2)San Andrés de Giles (BA) (3)-- (4)Inferiores

42.Leandro Navarro/レアンドロ・ナバーロ

(1)16.04.1992 (2)Mar del Plata (BA) (3)-- (4)Inferiores


Delanteros/FW
7.Juan Carlos Menseguez/フアン・カルロス・メンセゲース

(1)18.02.1984 (2)Córdoba (Cba) (3)Rayo
(4)Wolfsburgo-CASLA-West Bromwich Albion

9.Bernardo Romeo/ベルナルド・ロメーオ

(1)10.09.1977 (2)Tandil (BA) (3)Bernie
(4)Estudiantes-CASLA-HSV-Mallorca-Osasuna-CASLA-Quilmes

15.Fabricio Pedrozo/ファブリシオ・ペドローソ

(1)06.11.1992 (2)Puerto Iguazú (Ms) (3)-- (4)Inferiores

19.Juan Manuel Salgueiro/フアン・マヌエル・サルゲイロ

(1)03.03.1983 (2)Montevideo (URU) (3)--
(4)Danubio-Murcia-Danubio-Necaxa-Estudiantes-LDU

(21.Cristian Chávez/クリスティアン・チャベス)

(1)04.06.1987 (2)Lomas de Zamora (BA) (3)Negro
(4)Inf.-CASLA-Godoy Cruz-Atl. Tucumán-CASLA-Napoli

26.Nahuel Benítez/ナウエル・ベニーテス

(1)14.04.1990 (2)Concordia (ER) (3)Tanque (4)Inferiores

31.Emmanuel Gigliotti/エマヌエル・ジグリオーティ

(1)20.05.1987 (2)CABA (3)Animal
(4)Lamadrid-AAAJ-All Boys-Atl. Tucumán-Novara-All Boys


<Cuerpo Técnico/監督・スタッフ>

Director Técnico/監督
Leonardo Madelón/レオナルド・マデローン

(1)25.01.1963 (2)Cafferata (SF) (3)--
(4)(Jugador)CASLA-Unión-R. Central
(DT)Colegiales-El Porvenir-Unión-Nueva Chicago-Talleres
   -Olimpo-R. Central-Gimnasia (LP)-R. Central-Quilmes

Omar Asad/オマール・アサー

(1)09.04.1971 (2)Ciudad Evita (BA) (3)Turco
(4)(Jugador)Vélez (DT)Godoy Cruz-Emelec

Ayudante de Campo/ヘッド・コーチ
Fabían García/ファビアン・ガルシーア
Raúl Cardozo/ラウール・カルドーソ

Entrenador de Arqueros/GKコーチ
Oscar Manis/オスカール・マニス

Preparadores Físicos/フィジカル・コーチ
Mariano Lisanti/マリアーノ・リサンティ
Juan Martín Tassi/フアン・マルティン・タッシ
Alejandro Rafael/アレハンドロ・ラファエール
Patricio Pisano/パトリシオ・ピサーノ


Médicos/ドクター
Rafael Giulietti/ラファエル・ジュリエーティ
Juan Carlos Rodofile/フアン・カルロス・ロドフィーレ

Kinesiólogos/キネシオロジスト
Jorge Macagno/ホルヘ・マカーニョ
Sergio Faccone/セルヒオ・ファコーネ

Masajistas/マッサー
Alfredo Rossini/アルフレード・ロシーニ
Darío Segovia/ダリーオ・セゴービア

Utileros/ホペイロ
Ricardo Vargas/リカルド・バルガス
Juan González/フアン・ゴンサーレス
Adrián Melian/アドリアン・メリアン

DT Reserva/レセルバ監督
Daniel Ahmed/ダニエル・アーメ
José María Martínez/ホセ・マリーア・マルティーネス

2011年8月4日木曜日

アペルトゥーラ2011マーケット(12)

獲得第6号!!!!!!
本日、通常の選手登録が締め切られました。

パーセント表示は保有または購入もしくは売却するパスの割合。
選手のパスを持っている者が前所属クラブではない場合は、間にその所有者が入っています。
フリーは選手本人所有です。

<IN>
GK:N.シャンパーン(100%=レンタル終了)←フェロ
DF:N.ビアンチ・アルセ(100%=レンタル終了)←オリンポ

DF:G.ボソーニ(0%=レンタル)←フリー←A.マドリーB
名前はゴンサーロ。
1990年2月12日カナリア諸島にあるどこかの都市生まれの21歳。
3番の選手でベレスの下部組織時代にDTの指導を受けています。
アルゼンチンSub 15&17で代表歴あり。
契約内容の詳細は不明です。
トゥルコとの関係からテスト生として加わり、サン・ルイスでのキャンプにも参加。
「無事合格し今週サイン」という先週の報道から情報が途切れていますが、実はもう一人決まりかけている選手がいてそちらが第7号と言われていますので、こちらは6人目でOKだと思います。

MF:E.カリンスキ(42.5%=0.41百万ドル)←投資家他←キルメス
MF:A.フアーレス(100%=レンタル終了)←インデペンディエンテRIV.
MF:G.バサーン(100%=レンタル終了)←インデペンディエンテRIV.
MF:G.メンデス(60%=0.65百万ドル)←投資家←バンフィエルド
FW:C.チャベス(100%=レンタル終了)←アトレティコ・トゥクマン
FW:E.ジグリオーティ(0%=レンタル)←ノヴァーラ他←A.ボーイス
FW:B.ロメーオ(0%=レンタル)←フリー←キルメス
FW:D.マルティーネス(0%=レンタル)←フリー←アルドシービ

<仮登録>
DF:アレクシス・フェレーロ←リーベル
ラシンに仮登録されているジョナタン・ボティネーリが去った場合の代役候補。

MF:パブロ・バリエントス←カターニア←エストゥディアンテス
当初、シチリアのクラブは「100%=1.7百万ドルでの売却以外放出はない」としていましたが、古巣に戻りたがっている選手に未払金を抱えている状態で態度が軟化。
最終的にレンタルで折れてくれるかどうか。

MF:フアン・カルロス・マルドナード←ベルグラーノ
ピトゥが駄目だった場合のBプラン。

<OUT>
GK:D.アルビール(0%=レンタル終了)→エストゥディアンテス
GK:B.センテーノ(100%=放棄)→フリー→???
GK:M.ベガ(100%=放棄)→フリー→インスティトゥート

DF:J.サン・ロマーン(0%=レンタル終了)→投資家→ウニオン?
構想外ながらキャンプに参加しその後サンタ・フェ行きで交渉。
続いてサランディ行きの話も出てきましたが、本人は「ボエードでリヴェンジしたい」とのこと。
契約を1年残していることもあり無理には切れず残留決定。
それどころか開幕スタメン?

DF:D.エルネル(0%=レンタル終了)→フリー→ラス・パルマス
DF:F.シミオーリ(100%=放棄)→フリー→???
DF:Y.マリーン(100%=放棄)→フリー→???
DF:D.プラセンテ(0%=レンタル終了)→フリー→ナシオナル(URU)
MF:J.M.トーレス(0%=レンタル終了)→投資家→メタリスト
MF:G.ペレイラ(0%=レンタル終了)→フリー→引退?
MF:N.ベルトーチ(100%=レンタル)→アルドシービ
MF:R.アルフォンシーン(100%=放棄)→フリー→???
MF:M.ヒメーネス(0%=レンタル終了)→ボカ
MF:S.ルスクジェーダ(0%=レンタル終了)→投他→SGO.ワンデレルス
MF:L.リナルディ(100%=放棄)→フリー→???
FW:C.アコスタ(100%=放棄)→フリー→???
FW:P.ベラスケス(0%=レンタル終了)→リベルター

仮登録された選手たちは1週間延長で交渉できます。
現時点でどのクラブにも属していない選手の場合はこれに縛られず交渉可です。
アウレリアーノ・トーレスを欧州に連れて行きたい代理人が、CASLAが持っている当該選手の80%=モンテビデオ・ワンデレルスでプレイしていた24歳のウルグアイ人エミリアーノ・テレチェーアの80%+0.5百万ドルで手を打たないかと打診。
8番、11番のどちらもできるMFにアサーは好印象、首脳陣も乗り気で一気に決まる可能性ありと伝えられています。
当然このウルグアージョは現在自由の身です。
パラグアージョが出て行かなくても外国人枠に空きあり。
けっこういいネゴじゃないでしょうか?

2011ユニフォーム用ナンバー

今日、AWAY&3RDユニフォームも入手しました。
ナンバーは結構前に購入済みであとは圧着するだけ!


今回選択したのは以下の3人です。
HOMEは11後期終盤に一番チャンスをもらったピーベ#24ラミーレス。
AWAYは同11後期チーム内得点王#19サルゲイロ。
3RDは同11後期でフィールドプレイヤーに着用機会なく試合で唯一着たことがある#22ミグリオーレ。
GKは通常リーグ戦でも背中に"LOCO"とか"MIGLIORE"とかあるいはその両方を入れていますが、オリジナルジャージ問題が起こった直後の15節AWAYリーベル戦では、ネームを手配する時間がなかったのかナンバーのみでした。
#22はちょうど"空き番"だし、これを逃す手はないと。

ということで何度も書いていますが、#1からできるだけ番号、選手がダブらないように集めています。
今のところこんな感じです。

<コレクション>
#2:アドリアン・ゴンサーレス
#4:フアン・マヌエル・トーレス
#5:パブロ・ミチェリーニ
#5:パブロ・ミチェリーニ
#6:ジョナタン・ボティネーリ
#7:?????
#7:アンドレス・シルベーラ
#8:ディエゴ・リベーロ
#9:?????
#10:?????
#10:レアンドロ・ロマニョーリ
#13:フェルナンド・メーサ
#14:ファビアン・ボルダガラーイ
#15:ゴンサーロ・ベルヘッシオ
#16:ニコラス・ビアンチ・アルセ
#17:フェルナンド・グティエーレス
#19:フアン・マヌエル・サルゲイロ
#20:ガストン・アギーレ
#21:クリスティアン・トゥーラ
#22:パブロ・ミグリオーレ
#23:サルバドール・レイノーソ
#24:ゴンサーロ・ラミーレス
#25:セバスティアン・メンデス
#27:ホセ・ルイス・パロミーノ
#28:クリスティアン・レデースマ
#31:ゴンサーロ・ロビーラ
#33:セバスティアン・ゴンサーレス
#55:フアン・マヌエル・トーレス

想定している選手名を書きましたが、リーグ仕様でネームは一切入れてません。
?????は番号固定になる前のものでオークションで落としたユニ。
寄り道はあるものの、とりあえずの目標は#30まで揃えること。

11前期開幕からNEWモデルと言われていましたが、10月までずれ込んだようです。
ナンバーを買う時にその情報を掴んでいたら、人選はまた違ったものになっていたでしょう。

2011年8月3日水曜日

YAMAHA superó a Motomel

コパ・スルガバンク2011。
生で見るつもりが、朝起きた時にはもうPK戦に突入するところで。。。


人としてのスペックがあまりにも低いことから寝坊して90分見逃したし、アスルグラーナとロホはお互いに一番どーでもいいクラシコなので、"YAMAHA RACING TEAM"と化したブランキセレステのインチャスのようには大騒ぎしませんが、せっかくの日本絡みなのでちょっとだけ。

フットボール。
人としてのスペックがお世辞にも高いとは言えないアルヘンティーノスがお上手にできる数少ないこと。
昨今はそれすらも怪しくなってきましたが、「日本の"JUBILADOS(年金受給者)"ごときに負けるはずがない」と、地震に揺られても自信の方は揺るぎなく、完全に磐田をなめていました。
まったく、インデペンディエンテごときがねぇ。

画像は「カップ戦キングが年金生活に入った!」というおちょくり。
"júbilo"に「年金」の意味はないようですが、それ絡みの言葉(jubilación[名詞]、jubilarse[動詞]等)とおそらく語源はいっしょ。
"フビロ"自体がほとんど使われないワードということもあり(ポル語の"ジュビロ"とか他のスペ語圏の使用状況は知りませんよ!!)、このように結び付けられました。

ちなみに今日、大統領選挙を控えるクリスティーナが「支給額を16.82%アップします!!!」と力強く宣言しています。
絶妙なタイミングですね。

2011年8月1日月曜日

リーグ改革案凍結

本日、AFAが公式発表。
現行方式継続です。


アルゼンチン共和国大統領選挙2011。
本選挙は10月23日(日)。
しかし2週間を切った8月14日(日)に同国史上初の予備選挙実施。
このスケジュールに合わせて38チームでの新リーグ導入を急いで決定しようとした政治勢力があったようですが、有権者の反感を買っただけで完全に逆効果。
事実上の廃案もまた急いで決定されました。
今週末スタートするアペルトゥーラ2011で2節が来週末に組まれていないのは、W杯予選があるからではなくこの選挙のためだったんですね。

なお、ブエノス・アイレス市長選挙2011では昨日決選投票が行われ、チャンスなしと見られていたフィルムスはやはり敗北。
マクリが再選を決めています。

今日、コパ・アメリカを戦ったカルモーナとトーレスが合流。
前者は右内転筋、後者は左二頭筋肉離れで開幕絶望です。
同じくコパに参加しながら一足先に戻って来たオルティゴーサは、昨日メキシコで行われたメッシの慈善試合にそのアミーゴチームの一員として出場。
当初、トゥーラ、ボティネーリ、サルゲイロの3選手が行く予定でしたが、アルヘンティノスはボエードに留まり、パラグアージョ(半)とウルグアージョが参加しています。
これら5人、ブラウグラーナのエースとは本当にお友達なのか?

Passarellaがパサレー"ジャ"ではなくパサレー"ラ"であるように、Pellegriniはペ"ジェ"グリーニではなくペ"レ"グリーニ。
Sabellaのことは、サベー"ジャ"ではなくサベー"ラ"と呼んであげて下さい。