2009年9月30日水曜日

スダメリカーナ2009 ベスト16② vsシエンシアーノ(A)結果

2-0。
落ち着いて料理。


時間帯によってはシエンシアーノにペースを握られましたが、HOMEにあってもあちらはミスが多く。
複数あった決定機でも自滅してくれました。
一方アドヴァンテージを有するサン・ロレンソはどっしりと構え、刺せる時にきっちりと。

ゴール動画です。

先制点は35分、ピピが倒されて得たFKから。
キッカーのアウレリアーノは放り込まずに近くのキリへ、そして突如エンジンがかかってスルダーソ!
ボエードで初ゴール。
追加点は83分、ピントスのパスから。
乗りに乗っているロビーラが緩いマークを外してスルダーソ!
ボエードそしてこのコパで2ゴール目。

この間にあった最大のピンチ。

59分、先制ゴールを決めたヴェテランのハンドでPKを献上。
こちらにはミグリオーレのセーヴが入っています。

準々決勝の相手はリーベル(URU)もしくはヴィトーリア(BRA)のどちらかでしたが、HOMEでの1stレグに大勝しAWAYでの2ndレグを引き分けで終えたウルグアイのチームに決定。
第1戦は来月21日(水)にAWAYで、第2戦HOMEはその1週間後の28日(水)が有力なようです。
(28日にはリーグ戦平日開催の予定もあり要調整)

なお、ベスト16から決勝までは、「"前ラウンド"の対戦番号の大きい方が先にHOME」だと思っていましたが、最後まで「"初戦"の対戦番号の大きい方が先にHOME」でした。
つまり、ベスト16のサン・ロレンソはC6でリーベル(URU)はC3なので、準々決勝ではサン・ロレンソが先にHOMEではなく、初戦のサン・ロレンソはO11でリーベル(URU)はO14だったので、リーベル(URU)が先にHOMEということになります。

※上の動画は人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

Síntesis
Cienciano (0): Johnny Vegas; Miguel Llanos, Ernesto Arakaki (67' Guillermo Tomasevich), Walter Vilchez, Joel Herrera; Christian Guevara (56' Heiner Chávez), José Corcuera, Julio García; Juan Cavallo, Mauricio Montes y Sergio Junior (68' Jaime Linares)
DT: Marcelo Trobbiani

San Lorenzo (2): Pablo Migliore; Pablo Pintos, Gastón Aguirre, Jonathan Bottinelli, Aureliano Torres; Diego Rivero (64' Cristian Leiva), Salvador Reynoso, Cristian González (67' Juan Carlos Menseguez); Alejandro Gómez, Leandro Romagnoli (71' Gonzalo Bazán); y Gonzalo Rovira
DT: Diego Simeone
Suplentes: Nereo Champagne, Damián Martínez, Renato Civelli y Bernardo Romeo

Cancha: Cienciano
Arbitro: Carlos Torres (BRA)
Goles: 35' C. González (SL) y 83' Rovira (SL)
Amonestados: 15' Migliore (SL), 20' Guevara (C), 28' Llanos (C), 35' Romagnoli (SL) y 45' Gómez (SL)
Expulsados: --

2009年9月29日火曜日

スダメリカーナ2009 ベスト16② vsシエンシアーノ(A)直前情報

ベスト16の2ndレグ。
明日の夕方、AWAYでシエンシアーノ(PER)と対戦します。

日  時:9月30日17時15分(ARG19時15分、JPN翌7時15分)
カンチャ:ガルシラーソ・デ・ラ・ベガ
主  審:トーレス(PAR)
通算成績:サン・ロレンソの1勝0分0敗(3得点0失点)
直近結果:サン・ロレンソ 3-0 シエンシアーノ(スダメリ2009ベスト16レグ1)
ネット中継:futbolenlapc ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ピントス、アギーレ、ボティネーリ、A.トーレス
MF:リベーロ、レイノーソ、ゴメス、ロマニョーリ、C.ゴンサーレス
FW:ロメーオ or ロビーラ

4-2-3-1。
1stレグで活躍したベテラーノもしくはピーベのワントップです。
J.M.トーレスは右太腿を軽く痛めて遠征に帯同していません。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン、カンパニュオーロ
DF:マルティーネス、シベーリ
MF:レイバ、バサーン、S.ゴンサーレス、オローデ
FW:メンセゲース、ボルダガラーイ、ロビーラ or ロメーオ

スタメン候補と合わせて22選手がペルー入り。
登録25選手からは、チャコの他に戦術的理由でフアーレス、そして土曜日のティーグレ戦で打撲を負ったパロミーノが外れています。

対シエンシアーノ。
先週の第1戦HOMEは3-0で圧勝しました。
普通の条件でやれば勝てる相手です。
敵は彼らの本拠地クスコの高さになります。
ウィキペディアによると標高3,399m。
富士山クラスです。

ちなみに2,000m超の高地におけるクエルボの戦績は、

リベルタ1973 対ウィルステルマン(コチャバンバ:2,574m) 0-1
リベルタ2001 対ウィルステルマン(コチャバンバ:2,574m) 2-4
リベルタ2002 対エル・ナシオナル(キト:2,850m) 0-3
リベルタ2002 対ポトシ(ポトシ:4,067m) 0-1
スダメリ2006 対トルーカ(トルーカ:2,667m) 0-2
リベルタ2008 対ポトシ(ポトシ:4,067m) 3-2
リベルタ2008 対リーガ(キト:2,850m) 1-1(PK 3-5)

で、7戦1勝0分6敗(6得点14失点)。
最後の試合はPK負けなので引き分けに入れてもいいと思いますが、いずれにしても1回しか勝てていません。
まぁ、一番高いところで勝利してますし、マージンがあるので大敗さえしなければ・・・というところです。

主審はパラグアイ人のトーレスが務めます。
シクロンの試合実績は5戦2勝1分2敗(7得点5失点)。

リベルタ2001 対ウィルステルマン(H) 2-0
メルコスール2001 対コリンチャンス(H) 4-1
スダメリ2002 対ボリーバル(A) 1-2
スダメリ2003 対ザ・ストロンゲスト(A) 0-2
リベルタ2005 対コブレロア(H) 0-0

出だしはHOMEで2連勝と好調、しかしその後はAWAYで2連敗。
最後はスコアレスドローで2戦連続無得点ですね。。。

昨日旅立ったチームは現在リマのスポルティング・クリスタルの施設でトレーニング中で、試合直前に現地入りの予定。
私はテレビの前で応援します。

2009年9月28日月曜日

サポーターソング(64)


人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

0:48辺りから。

タイトル:"VAMO' VAMO' VAMO' SAN LORENZO"
    「バモ、バモ、バモ、サン・ロレンソ」

"Vamo' vamo' vamo' San Lorenzo....
Vamo' vamo' vamo' San Lorenzo....
Vamo' vamo' vamo' San Lorenzo....
Vamo' vamo' vamo' San Lorenzo....
Vamo' vamo' San Lorenzo....
Yo te sigo, yo te quiero....
Siempre voy a todos lados....
Siempre voy descontrolado...."

「バモ、バモ、バモ、サン・ロレンソ!
バモ、バモ、バモ、サン・ロレンソ!
バモ、バモ、バモ、サン・ロレンソ!
バモ、バモ、バモ、サン・ロレンソ!
バモ、バモ、サン・ロレンソ!
俺は君について行く、君を愛してる。
いつでも、どこまでも。
いつだって制御不能さ。」

主に押せ押せ状態の時に歌います。

<オリジナルソング>
アーティスト:不明
タイトル:不明

サポーターソング(63)


人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

代表の応援歌としても有名です。

タイトル:"CADA DIA TE QUIERO MAS"
    「君のことが日増しに好きになっていく」

"Olé olé olé olé olé olé olá....
Olé olé olé cada día te quiero más....
Ohhh sentimiento....
que lo llevo adentro....
No puedo parar....
Yo te sigo de pendejo....
Vamos San Lorenzo....
Vamos a ganar...."

「オレ、オレ、オレ、オレ、オレ、オレ、オラ!
オレ、オレ、オレ、君への愛は日増しに深まっていく。
オー、この気持ちを、
いつも心の中に留めているんだ。
俺はもう止まらない。
ガキの頃から君についてきた。
バモ、サン・ロレンソ!
勝とうぜ!!」

セルヒオによると、この歌を初披露したのはインチャーダが現在の"ラ・グロリオーサ・ブテレール"になる前、単に"ラ・グロリオーサ"だった時代、30年くらい前のラ・ボンボネーラでのボカ戦でした。
いつものように勝利したクエルボスの大熱唱をボステーロスは呆然と聞いていたんだとか。
代表、他クラブのヴァージョンはこれを短縮したものです。

<オリジナルソング>
アーティスト:不明
タイトル:不明

CUERVOS DE BARCELONA

スペインのTVで紹介されたバルセロナのペーニャ"LOS CORBS"。
一昨期の優勝決定戦の時に取材されています。
カステジャーノの"CUERVO"=カタランでは"CORB"ということですね。


人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

CASLA初の海外ペーニャはイスラエルの"PISLABA"ですが、構成人数では"LOS CORBS"が一番なんだそうです。

たとえ負けても、この情熱が衰えることはない。
何てことないさ!

アペルトゥーラ2009 第6節 vsティーグレ(A)PASO A PASO

6節の"パソ・ア・パソ"です。


人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

毎試合紹介したいんですが、YouTubeにはあったりなかったり。
うちには録画機器が一切ありませんので。。。

2009年9月27日日曜日

アペルトゥーラ2009 第6節順位表

引き続き首位から6ポイント差。
来年のリベルタドーレス出場権獲得順位では、圏内の3位から5ポイント差です。
今期優勝できれば関係ないんですけどね。

POSICIONES APERTURA 2009 FECHA 6/2009前期第6節順位表
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
Estudiantes
16
6
5
1
0
15
5
+10
Vélez
14
6
4
2
0
9
3
+6
Banfield
14
6
4
2
0
8
3
+5
R. Central
13
6
4
1
1
6
3
+3
Argentinos
12
6
3
3
0
10
6
+4
Colón
11
6
3
2
1
10
4
+6
Independiente
10
6
3
1
2
11
8
+3
SAN LORENZO
10
6
2
4
0
9
6
+3
Newell's
10
6
3
1
2
6
4
+2
10º
Godoy Cruz
8
6
2
2
2
9
10
-1
11º
At. Tucumán
7
6
2
1
3
10
11
-1
12º
Arsenal
7
6
2
1
3
4
7
-3
13º
Boca
5
6
1
2
3
8
11
-3
14º
River
5
6
1
2
3
7
10
-3
15º
Lanús
5
6
1
2
3
6
9
-3
16º
Gimnasia (LP)
5
6
1
2
3
5
9
-4
17º
Racing
4
6
0
4
2
3
5
-2
18º
Chacarita
3
6
1
0
5
6
11
-5
19º
Tigre
3
6
1
0
5
7
15
-8
20º
Huracán
1
6
0
1
5
3
12
-9
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

CLASIFICACION A LA LIBERTADORES 2010/2010リベルタドーレス出場権
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
--
Vélez
54
25
15
9
1
38
16
+22
Colón
45
25
13
6
6
39
23
+16
--
Estudiantes
45
25
13
6
6
37
23
+14
Lanús
43
25
13
4
8
38
35
+3
Huracán
39
25
12
3
10
38
31
+7
R. Central
38
25
11
5
9
29
24
+5
Banfield
37
25
10
7
8
33
28
+5
SAN LORENZO
34
25
9
7
9
36
32
+4
Racing
34
25
8
10
7
26
26
0
Godoy Cruz
34
25
9
7
9
32
36
-4
Gimnasia (LP)
33
25
8
9
8
28
30
-2
10º
River
32
25
8
8
9
31
35
-4
11º
Newell's
31
25
7
10
8
27
26
+1
12º
Independiente
31
25
9
4
12
33
44
-11
13º
Boca
27
25
7
6
12
30
36
-6
14º
Argentinos
27
25
5
12
8
29
38
-9
15º
Tigre
26
25
7
5
13
31
40
-9
16º
Arsenal
25
25
6
7
12
23
37
-14
17º
At. Tucumán
7
6
2
1
3
10
11
-1
18º
Chacarita
3
6
1
0
5
6
11
-5
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

Clasificarán seis equipos:
El ganador de la Copa Libertadores 2009 (Estudiantes)
El ganador del Torneo Clausura 2009 (Vélez)
El ganador del Torneo Apertura 2009 (está en disputa)
Los tres mejores en esta tabla a excepción de los ya mencionados

・アルゼンチンからは6チームが出場。
・09同大会勝者のエストゥディアンテス及び09後期勝者のベレスは
 出場が確定。
・残りは09前期勝者及び優勝チームを除いた成績上位3チームが出場。
・成績は2期(09後期+09前期)における獲得勝ち点により確定。(上表)
・成績2位以下のチームは予備選から出場。
・エストゥディアンテスorベレスが今期も優勝した場合、成績4位も
 出場権獲得。
・その場合、成績3位以下のチームが予備選から出場。

2009年9月26日土曜日

アペルトゥーラ2009 第6節 vsティーグレ(A)結果

3-2。
ピーベスを擁して劇的勝利!


拮抗した試合は取られたり取ったりの展開。
しかし最後に笑ったのはプリメーラAのマタドーレスでした。

前半19分、バックパスを受けたGKが大きく蹴ったボールから。

初登場のシベーリが9番ラサロに上手くあしらわれ先制を許します。

その10分後、今度はシクロンがゲット。

ボルダガラーイのゴラーソです。

32分、FKの対応を誤って。。。

レージェスのゴールで再び突き放されます。

41分、ペナルティエリア内でメンセゲースが倒されてPKの好機。

ところがミグリオーレが出てきてミス、一転大ピンチに。
ボカでのレセルバ戦でも2回蹴って2度とも失敗しているとのこと。

前半ロスタイム、散々チャンスメイクしてきたラージョが自身の足で。

いったんクリアされるも、ねばって同点弾。

2-2で後半に突入します。

そして前半のスコアのまま迎えた84分、カウンターから決勝点。

ティーグレ・キラーは止まらず。
彼がこれまでにマークした9得点中5得点は対ナシオナルBのマタドーレス、場所はいずれもビクトリアです。

久しぶりに失点を喫しましたが、リーグでは久しぶりの勝利。
怯まず立ち向かい結果を出した若人たちに拍手を送りたいと思います。

次節は来週末の日曜日、リーベルをHOMEに迎えてクラシコ。
その前の水曜日には、シエンシアーノとAWAYでスダメリカーナのベスト16第2戦を戦います。

※上の動画は人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

Síntesis
Tigre (2): Luis Ardente; José San Román, Damián Leyes, Maximiliano Oliva, Rodolfo Arruabarrena; Lucas Oviedo, Jonathan Blanco, Matías Giménez (73' Ramiro Leone), José Montiel (70' Guillermo Suárez); Carlos Luna y Leandro Lazzaro
DT: Diego Cagna

San Lorenzo (3): Pablo Migliore; Damián Martínez, Renato Civelli, José Luis Palomino (53' Fernando Meza), Sebastián Luna; Cristian Leiva (66' Leandro Chaparro), Salvador Reynoso, Santiago Prim (63' Axel Juárez), Gonzalo Bazán; Juan Carlos Menseguez y Fabián Bordagaray
DT: Diego Simeone
Suplentes: Nereo Champagne, Maximiliano Mallemacci, Felix Orode y Nahuel Benítez

Cancha: Tigre
Arbitro: Javier Collado
Goles: 19' Lazzaro (T), 29' Bordagaray (SL), 32' Leyes (T), 45' Menseguez (SL) y 84' Menseguez (SL)
Amonestados: 36' Leyes (T), 55' Lazzaro (T) y 64' Martínez (SL)
Expulsados: --

2009年9月25日金曜日

アペルトゥーラ2009 第6節 vsティーグレ(A)直前情報

明晩、AWAYでティーグレと対戦します。

日  時:9月26日20時15分(日本時間翌8時15分)
カンチャ:モヌメンタル・デ・ビクトリア
主  審:コジャード
節前順位:サン・ロレンソ10位(勝ち点7) ティーグレ18位(同3)
通算成績:サン・ロレンソの34勝6分9敗(126得点67失点)
直近結果:ティーグレ 1-3 サン・ロレンソ(クラウスーラ2009第1節)
ネット中継:futbolenlapc ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:マルティーネス、シベーリ、パロミーノ※、ルーナ
MF:メンセゲース、レイバ、レイノーソ、バサーン
FW:オローデ※、ボルダガラーイ

昨日のコパの試合からGK以外総入れ替え。
罰金1千万円取られる心配もないので、レセルバ+αのチームです。
※はまだトップデビューを果たしていない選手(以下同)。
シベーリはボエード初登場。
実は各サイト予想が割れています。
完全に一致しているところはありません。
マルティーネスが4番→8番、ルーナが3番→4番、バサーンが11番→3番、メンセゲースが8番→11番となる可能性や、メンセゲースとオローデのポジションが逆といったことも十分考えられます。
シメオーネのことなので、さらなるサプライズもありそう。

ベンチ入りは以下の7人。

GK:シャンパーン
DF:F.メーサ
MF:チャパーロ※、フアーレス、プリム※、マレマーチ※
FW:ベニーテス※

バモ、ロス・ピーベス!

対ティーグレ。
この2年間で7回目の対戦。
当期間に限れば一番対戦数が多いチームです。
リーグでは、08後期AWAY5-1勝利、08前期HOME0-1敗戦、08前期優勝決定戦2-1勝利、09後期AWAY3-1勝利、そして09前期AWAYは明日。
この間のスダメリカーナでは、第1戦AWAY1-2敗戦、第2戦HOME1-0勝利。
合算して4勝0分2敗(12得点6失点)という結果を残しています。
不調のチームを相手にお兄ちゃん達は輝いてくれるだろうか?

主審はコジャードが務めます。
サン・ロレンソ戦の実績は12試合2勝5分5敗(11得点18失点)。
シクロンが負け越しを記録している数少ない審判です。
最後に担当した試合は今期3節HOMEでのエストゥディアンテス戦で、結果は2-2の引き分けでした。
わずかに2勝、1試合平均1得点以下とかなり厳しいですね。

コシャードだし、場合によっては大惨劇を目にすることになるかも。
でも核となるポジションには経験者を配置しているから大丈夫かな。
何とかなるさ!

2009年9月24日木曜日

スダメリカーナ2009 ベスト16① vsシエンシアーノ(H)結果

3-0。
文句なし!


初登場のロビーラが自身のゴールを含め全得点に絡む大活躍。
ロメーオが"再"復活を告げる2ゴール。
守ってはお兄ちゃんからおじちゃんまで走りまくって鬼プレス。
面白いようにボールを奪って相手にサッカーをさせず。
リーグ戦を入れて4試合連続零封。

ゴール動画です。

12分、スローインを受けたロビーラがDFを振り払いながらペナルティエリアに侵入しマークを外したロメーオにラストパス、9番は合わせるだけ。
33分、ロマニョーリがファウルをもらったところで素早くリスタート、セバスティアン・ゴンサーレスのクロスがフリーのロビーラに通って落ち着いて左足。
後半に入って55分、縦一本にRO-ROコンビ、最後はヴェテランの方が出てきたGKの頭上を破って駄目押し。
ま、見れば分かりますね。

あまりに楽勝で、勝ったんじゃなくて買ったんじゃないかとも思える試合が、毎年40数試合のうち2,3試合あります。
今日はその1つでした。

第2戦AWAYはクスコで来週水曜日。
その前の明後日土曜日に前期6節AWAYティーグレ戦です。

※上の動画は人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

Síntesis
San Lorenzo (3): Pablo Migliore; Pablo Pintos, Gastón Aguirre, Jonathan Bottinelli, Cristian González; Diego Rivero (78' Cristian Leiva), Juan Manuel Torres, Sebastián González; Leandro Romagnoli (76' Aureliano Torres); Gonzalo Rovira (85' Fabián Bordagaray) y Bernardo Romeo
DT: Diego Simeone
Suplentes: Nereo Champagne, Renato Civelli, Salvador Reynoso y Felix Orode

Cienciano (0): Johnny Vegas; Héctor Quintanilla (54' Miguel Llanos), Ernesto Arakaki, Walter Vilchez, Joel Herrera; José Corcuera, Jaime Linares, Cristian Guevara, Julio García (78' Oscar Villarreal); Sergio Junior y Mauricio Montes (60' Juan Manuel Cavallo)
DT: Marcelo Trobbiani

Cancha: San Lorenzo
Arbitro: Heber Lopes (BRA)
Goles: 12' Romeo (SL), 33' Rovira (SL) y 55' Romeo (SL)
Amonestados: 26' Corcuera (C), 28' Vilchez (C), 50' Pintos (SL), 66' Linares (C) y 77' A. Torres (SL)
Expulsados: --

2009年9月23日水曜日

スダメリカーナ2009 ベスト16① vsシエンシアーノ(H)直前情報

ベスト16の1stレグ。
明晩、HOMEでシエンシアーノ(PER)と対戦します。

日  時:9月24日20時15分(日本時間翌8時15分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:ロペス(BRA)
通算成績:初対戦
直近結果:初対戦
ネット中継:futbolenlapc ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ピントス、アギーレ、ボティネーリ、A.トーレス
MF:リベーロ、J.M.トーレス、S.ゴンサーレス
10:ロマニョーリ
FW:ロビーラ、ロメーオ

今日の最終練習でレギュラー組に入った11人です。
最近この通りいかないことが多いですが、明日はどうでしょうか。
大型ピーベのロビーラ、コパでデビュー?

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:シベーリ、パロミーノ
MF:レイバ、レイノーソ、C.ゴンサーレス、ゴメス、オローデ
FW:ボルダガラーイ

メンセゲースは前試合退場で出場停止。
日曜日にラシンとのレセルバ戦で活躍したナイジェリア人のオローデがリストに入っています。

対シエンシアーノです。
公式戦ほか親善試合でも対戦したことがありません。
スダメリカーナ2003及びレコパ2004カンペオンで、現柏の澤選手が所属していたチームという認識くらいしかないですね。
なお、国内リーグで年度王者に輝いたことはないとのこと。
対ペルーのチームで見てもこれまで公式戦では4試合しか対戦がなく、相手はいずれもウニベルシタリオ。
リベルタドーレス2000でのグループリーグで、HOMEでは3-0の勝利、AWAYでは1-1の引き分け。
記憶に新しい今年の同大会のGLでは、HOME2-0の勝利、AWAY0-1の敗戦でした。
とりあえず、今のところHOMEでのぺルアーノス戦は無失点で2連勝中です。
今回の相手の地元クスコはやっぱり高地らしいので、苦戦することになると思います。
この第1戦は是非とも大量得点で勝利を。

主審はブラジル人のロペスが務めます。
シクロンの試合実績では、昨年のリベルタドーレスでGL第4節HOMEでのレアル・ポトシ戦を担当。
結果は1-0の勝利で、PKによる1点でした。
明日が2度目の登板になります。

昨日、勝ち上がったら準々決勝で対戦することになるリーベル(URU)対ヴィトーリア(BRA)の第1戦が行われ、HOMEのウルグアイ版ガジーナが4-1で勝利しました。
今期開幕前にコロニアで練習試合を行い2-1で破ったチームと当たる可能性が高いです。

行こうぜ、ウルグアイに!!

2009年9月22日火曜日

スダメリカーナ2009登録選手リスト(ベスト16)

次のラウンドに進み一部選手の入れ替えが可能になりました。
ケガによる変更はなく、移籍によるもののみです。
背番号順。

1.Gustavo Campagnuolo/グスターボ・カンパニュオーロ
2.Renato Civelli/レナート・シベーリ
3.Gonzalo Bazán/ゴンサーロ・バサーン
4.José Luis Palomino/ホセ・ルイス・パロミーノ
5.Cristian González/クリスティアン・ゴンサーレス
6.Jonathan Bottinelli/ジョナタン・ボティネーリ
7.Juan Carlos Menseguez/フアン・カルロス・メンセゲース
8.Diego Rivero/ディエゴ・リベーロ
9.Bernardo Romeo/ベルナルド・ロメーオ
10.Leandro Romagnoli/レアンドロ・ロマニョーリ
11.Aureliano Torres/アウレリアーノ・トーレス
12.Nereo Champagne/ネレーオ・シャンパーン
13.Axel Juárez/アクセル・フアーレス
14.Fabián Bordagaray/ファビアン・ボルダガラーイ
15.Gonzalo Rovira/ゴンサーロ・ロビーラ
16.Damián Martínez/ダミアン・マルティーネス
17.Juan Manuel Torres/フアン・マヌエル・トーレス
18.Cristian Leiva/クリスティアン・レイバ
19.Alejandro Gómez/アレハンドロ・ゴメス
20.Gastón Aguirre/ガストン・アギーレ
21.Pablo Pintos/パブロ・ピントス
22.Pablo Migliore/パブロ・ミグリオーレ
23.Salvador Reynoso/サルバドール・レイノーソ
24.Sebastián González/セバスティアン・ゴンサーレス
25.Felix Orode/フェリックス・オローデ

2.レナート・シベーリ←ニコラス・ビアンチ・アルセ
15.ゴンサーロ・ロビーラ←ゴンサーロ・ベルヘッシオ
の2選手です。

これを受け、基本こんな感じになります。
1番:ミグリオーレ、シャンパーン、カンパニュオーロ
4番:ピントス、マルティーネス
2番:アギーレ、シベーリ
6番:ボティネーリ、パロミーノ
3番:A.トーレス
8番:リベーロ
5番:J.M.トーレス、レイバ、レイノーソ、フアーレス
11番:C.ゴンサーレス、バサーン
10番:ロマニョーリ、ゴメス、S.ゴンサーレス、オローデ
7番:ボルダガラーイ、メンセゲース
9番:ロメーオ、ロビーラ

現状、ラバンディーナの抜けた穴は大きく、シクロンはスダメリカーナ限定(リーグは新加入不可のため)で補強を試みていました。
コロンビア人のジャクソン・マルティーネス(インデペンディエンテ・メデジン)、パラグアイ人のパブロ・ベラスケス(ルビオ・ニュ)が再登場した他、チリ人のニコラス・カナーレス(コブレサル)、エクアドル人のパブロ・パラーシオス(バルセロナ・グアヤキル)、ロベルト・ヒメーネス(スポルティング・クリスタル)という新しい名前も。
しかし今日18時の登録期限までにどの案件もまとまらず。

コロンビアーノの場合は、CASLA(マルセーロ・ティネーリ)の200万ドル提示にDIMは既にメヒコのアメリカから提示されている300万ドルをカウンターオファー、MTは250万ドルまで増額したものの回答はNO。
パラグアージョとチレーノは立ち消えになり、エクアトリアーノは先週末のリーグ戦で全治1ヶ月のケガを負いNO。
残ったぺルアーノはボエード所有の選手で交渉はすんなり進みましたが、シメオーネの方がNO。
結局チョロは、クラブ、コロンビア代表の両方で絶好調の"チャチャチャー"ことジャクソン・マルティーネスにしか興味がなかったようで、マルセーロに「誰でもいいから連れてくるというのはやめて、補強に値する選手が獲れる場合のみ獲得して」と伝えました。
結果、下部組織上がりのピーベであるロビーラがリスト入りです。

アスルグラーナの情熱に国境なし!

スブコミシオン・デル・インチャのサイトにニュージーランド人クエルボのインタヴュー記事がありました。
いつものように適当翻訳ですが、載せておきます。
文中に出てくる"理想の女性の年齢"から察するに、写真向かって右が本人かな?
メンドーサにて。


ケヴィン、ニュージーランドからここのフッボルを観に来て、シクロンに恋をした男。
アスルグラーナの情熱に国境はあるのか?
このインタヴューを読めば、その答えはNOだとわかるだろう。

Q.ケヴィン、君はどういうきっかけでサン・ロレンソと出会ったの?

A.
僕は僕の方がサン・ロレンソに出会ったのではなく、サン・ロレンソの方が僕に出会ったと思ってるんだ。
2006年にヴァケーションでアルゼンチンのフットボールを観に来た時、最初の計画ではまずリベルタドーレスのベレスの試合を観に行く予定だったんだけど、到着が遅れて。
で、次の日にディエゴ・アルマンド・マラドーナでアルヘンティノス対サン・ロレンソの試合があって、そこでシクロンへのパッションが芽生えたんだ。

Q.最初にシクロンを見た時どう思った?

A.
まず驚かされた、忘れられない経験だね。
試合の日、僕が宿泊してたブエノス・アイレスの中心街にあるホステルの前にアスルグラーナのインチャスで占められたバスがとまってたんだ。
で、彼らに「このバスでエスタディオに行けるか?」って聞いたら、「あー、乗りなよ!」って言われて。
しばらくしてバイクに乗った警察に前後を挟まれてるのを知った時、あの"バーラ・ブラーバ"と移動中なんだって気づいたよ。
カンチャの雰囲気は最高だった。
タイコに横断幕、それに試合中みんな歌いっぱなしで。
ほとんど試合を見られなかったのを覚えてる。
でもそんなのどうでもよかった、これがアルゼンチンのフットボールだし。
その時点でもうサン・ロレンソに恋し始めてたから、次の試合が待ち遠しかったな。

Q.サン・ロレンソのインチャスをどう思う?

A.
サン・ロレンソのインチャスはナンバー1だと思う。
ボカやリーベルのインチャになるのは簡単なことだよ、だってそれらは常勝チームだから。
でも本当のパッションというのは、その他のクラブのインチャである時に証明されるんだ。
自分のチームが試合をしていれば、状況がどうであれ、絶対の忠誠心を持って、常に歌い耐えているんだからね。

Q.君にとってシクロンの最も魅力的な点は何?

A.
人々の自然な親近感。
僕がニュージーランドから来てサン・ロレンソを追いかけているのを知ると、本当に喜んでくれるんだ。

Q.最後に、君が経験したことで何か語っておきたいことはある?

A.
サン・ロレンソに関しては楽しいことばかり。
試合の日程を調べて旅行の段取りをすることから、カンチャに行ってみんなと友達になって、また次の試合の情報を集めることまで。
僕はとりわけ遠距離のAWAYが好きなんだ、メンドーサとかトゥクマンとかフフイとかね。
これが記事になる時、僕はもうニュージーランドに戻って地元リーグのウェリントン・フェニックスを応援しているはず。
借金を払いつつ、後期またサン・ロレンソに会いに来るために貯金しながら。
やり残したことと言えば、30歳前後で英語を話せてサン・ロレンソのインチャである独身女性と出会うことかな。
これが実現したら、僕はもうニュージーランドの自分の家には絶対戻らないよ!

ダーレ、マタドール! ボエードに戻ろうぜ!!

以上です。
一部の個人的な経験、状況と理想女性に関する点を除けば私とまったく同じ!
クラブの人々、パーラの人々、ペーニャの人々、出会った人々全てがいい人たちで、居心地抜群なんだよなぁ。

ちなみに私は、25歳前後でヒステリックではないサン・ロレンソのインチャである独身女性を求めています!!

2009年9月20日日曜日

アペルトゥーラ2009 第5節順位表

またしてもドロー。
しかし首位のカナージャも引き分けたため、シクロンは依然トップから6ポイント差です。

POSICIONES APERTURA 2009 FECHA 5/2009前期第5節順位表
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
Estudiantes
13
5
4
1
0
13
4
+9
R. Central
13
5
4
1
0
6
2
+4
Vélez
11
5
3
2
0
7
3
+4
Banfield
11
5
3
2
0
6
2
+4
Newell's
10
5
3
1
1
5
2
+3
Argentinos
9
5
2
3
0
6
4
+2
Colón
8
5
2
2
1
9
4
+5
Godoy Cruz
8
5
2
2
1
7
6
+1
Independiente
7
5
2
1
2
9
7
+2
10º
SAN LORENZO
7
5
1
4
0
6
4
+2
11º
Arsenal
7
5
2
1
2
4
6
-2
12º
At. Tucumán
6
5
2
0
3
8
9
-1
13º
Boca
5
5
1
2
2
7
9
-2
14º
Racing
4
5
0
4
1
2
3
-1
15º
River
4
5
1
1
3
5
8
-3
16º
Lanús
4
5
1
1
3
4
7
-3
17º
Gimnasia (LP)
4
5
1
1
3
3
7
-4
18º
Tigre
3
5
1
0
4
5
12
-7
19º
Huracán
1
5
0
1
4
3
10
-7
20º
Chacarita
0
5
0
0
5
5
11
-6
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

CLASIFICACION A LA LIBERTADORES 2010/2010リベルタドーレス出場権
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
--
Vélez
51
24
14
9
1
36
16
+20
Colón
42
24
12
6
6
38
23
+15
--
Estudiantes
42
24
12
6
6
35
22
+13
Lanús
42
24
13
3
8
36
33
+3
Huracán
39
24
12
3
9
38
29
+9
R. Central
38
24
11
5
8
29
23
+6
Banfield
34
24
9
7
8
31
27
+4
Racing
34
24
8
10
6
25
24
+1
Godoy Cruz
34
24
9
7
8
30
32
-2
Gimnasia (LP)
32
24
8
8
8
26
28
-2
SAN LORENZO
31
24
8
7
9
33
30
+3
10º
Newell's
31
24
7
10
7
26
24
+2
11º
River
31
24
8
7
9
29
33
-4
12º
Independiente
28
24
8
4
12
31
43
-12
13º
Boca
27
24
7
6
11
29
34
-5
14º
Tigre
26
24
7
5
12
29
37
-8
15º
Arsenal
25
24
6
7
11
23
36
-13
16º
Argentinos
24
24
4
12
8
25
36
-11
17º
At. Tucumán
6
5
2
0
3
8
9
-1
18º
Chacarita
0
5
0
0
5
5
11
-6
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

Clasificarán seis equipos:
El ganador de la Copa Libertadores 2009 (Estudiantes)
El ganador del Torneo Clausura 2009 (Vélez)
El ganador del Torneo Apertura 2009 (está en disputa)
Los tres mejores en esta tabla a excepción de los ya mencionados

・アルゼンチンからは6チームが出場。
・09同大会勝者のエストゥディアンテス及び09後期勝者のベレスは
 出場が確定。
・残りは09前期勝者及び優勝チームを除いた成績上位3チームが出場。
・成績は2期(09後期+09前期)における獲得勝ち点により確定。(上表)
・成績2位以下のチームは予備選から出場。
・エストゥディアンテスorベレスが今期も優勝した場合、成績4位も
 出場権獲得。
・その場合、成績3位以下のチームが予備選から出場。

アペルトゥーラ2009 第5節 vsラシン(H)結果

0-0。
リーグでは2戦連続スコアレス。


何をやってもダメなチームを相手に楽勝のはずでした。
ところが前半35分に誤算が。
A.トーレスがファウルかどうかも定かではないプレイで2枚目のイエローをもらい退場に。。。
1枚目も???

しかしシメオーネはオフェンスの選手を削ることなくあくまでも攻撃的に、GKミグリオーレ他全選手もプレイスキックの際に時間稼ぎを一切せず勝ちに行きます。
一方、元々守備的で退屈と言われるカルーソのフッボルはこの期に及んでも不変で、数的優位を活かして前に出て来るようなことはなし。
引きこもったままのカウンターサッカーには、最近安定してきたDF陣が軽く対処。

90分間ゲームを支配したのはシクロンです。
とはいえ、こちらがあちらを上回ったというよりも、あちらがこちらを下回ったと言うべきもの。
とりあえずボールをキープし、一人少ないのは向こうなのではないかと感じさせる内容でしたが、もう少しでゴールというシーンは見られませんでした。

開幕節勝利後は4試合連続引き分けという結果で序盤の5試合を終えています。

次節は今のところ土曜日、AWAYでティーグレと対戦です。
その2日前には、スダメリカーナのベスト16(1st)でHOMEにシエンシアーノを迎えます。

Síntesis
San Lorenzo (0): Pablo Migliore; Pablo Pintos, Gastón Aguirre, Jonathan Bottinelli, Aureliano Torres; Diego Rivero, Juan Manuel Torres (80' Sebastián González), Cristian Leiva (37' Gonzalo Bazán); Leandro Romagnoli; Juan Carlos Menseguez y Fabián Bordagaray (56' Alejandro Gómez)
DT: Diego Simeone
Suplentes: Nereo Champagne, Renato Civelli, Cristian González y Bernardo Romeo

Racing (0): Jorge De Olivera; Marcos Cáceres (65' Gabriel Mercado), Lucas Aveldaño, Matías Martínez, Matías Cahais; Brian Lluy, Damián Ledesma, Adrián Lucero, Sebastián Grazzini; Luis Fariña (44' Lucas Castromán) y Pablo Lugüercio (57' Germán Ramírez)
DT: Ricardo Caruso Lombardi

Cancha: San Lorenzo
Arbitro: Federico Beligoy
Goles: --
Amonestados: 19' A. Torres (SL), 37' Cáceres (RC), 55' Ledesma (RC) y 82' Grazzini (RC)
Expulsados: 35' A. Torres (SL)

2009年9月19日土曜日

アペルトゥーラ2009 第5節 vsラシン(H)直前情報

明日の午後、HOMEでラシンとのクラシコです。

日  時:9月20日16時10分(日本時間翌4時10分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:ベリゴーイ
節前順位:サン・ロレンソ7位(勝ち点6) ラシン16位(同3)
通算成績:サン・ロレンソの56勝42分55敗(232得点232失点)
直近結果:サン・ロレンソ 1-1 ラシン(クラウスーラ2009第11節)
ネット中継:futbolenlapc ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ピントス、アギーレ、ボティネーリ、A.トーレス
MF:リベーロ、J.M.トーレス、C.ゴンサーレス
10:ロマニョーリ
FW:ゴメス、ロメーオ

水曜日にスダメリカーナHOMEシエンシアーノ戦があるため、CASLAはAFAにこの試合を土曜日に動かすことを要請。
しかし回答がNOであったため、シメオーネは愛するクラブいや株式会社とのクラシコにサブを大量投入する予定でした。
ところがCSFがコピータを木曜日に移すというポジティヴな変更があり、理想的なメンバーで臨めることに。
次節のAWAYティーグレ戦が土曜日と言われていますので、そこで主力を休ませることになりそうです。
(コピータ木曜日の影響からリーグ日曜日になるかもしれませんが、いずれにしてもサブ中心で)

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:シベーリ
MF:レイバ、レイノーソ、フアーレス、バサーン、S.ゴンサーレス
FW:メンセゲース、ボルダガラーイ

レイバの懲罰はコパの1試合のみで明日はベンチに入ります。
ケガについても、本人いわく、「ただ違和感があっただけでスポーツヘルニアでもなんでもない」と。

対アカデミア。
おそらく、クラシコやダービーと言われているもので最も拮抗したカードです。
153回戦って得点は同じ、わずかにシクロンが1勝リードしています。
昨期もHOMEで戦い1-1の引き分け。
終盤にソラーリのゴールで先制したアスルグラーナは、主審のペソータにロスタイムを1分余計に取られ、その間にブランキセレステに同点弾を奪われるという試合でした。
直近の試合を見ると、ペドロ・ビデガインでのここ5戦は4勝1分でボエード負けなし。
HOME/AWAY問わずにここ最近対戦した10試合でも7勝1分2敗で、アベジャネーダに対して優位を保っています。

相手は今期(も?)不調です。
まだ1勝も上げておらず、定位置の入替戦ゾーンに。
ここは落とせませんね。

主審はベリゴーイが務めます。
国内リーグにおけるサン・ロレンソ戦の実績は5勝2分3敗(13得点10失点)。
最後に担当した試合は昨期13節HOMEでのボカ戦で、結果は1-1の引き分け。
今期は初登場ですが、約1ヶ月前のスダメリカーナ初戦AWAYティーグレ戦で笛を吹き、本家マタドーレスは1-2で敗れました。

明日、勝ち点1ではもったいないです。
ドロー以下の結果なら、とりあえずNISSAN集中になってしまうと思います。
そうなった場合(既になってますが)、来年のSANTANDERが確実に遠のきますので。。。
勝って2本立てで行けますように。

2009年9月17日木曜日

スダメリカーナ2009ベスト16組み合わせ

初戦を勝ち抜いた15チームが出揃いました。
アルゼンチンでは、シクロン、フォルティン、グラナーテの3チーム。
順当そして正当な結果です。
だって・・・

ボカ。
ピッチでの戦いがまずボロボロでしたが、スタンドでの対決でも惨敗。
AWAYチームの誰もがHOME状態に出来ると言われるホセ・アマルフィターニで、AWAYの雰囲気のまま今のべレスと戦ったらそりゃ勝てません。
人はいるのに歌声が聞こえない、トランペットだけ。
まさに立ってるだけのペンギンたちでした、ボステーロスは。
最初から最後まで、あんなにフォルティネーロスの応援歌ばっか聞かされたのは初めてだぜ!
AMARGOS!!

リーベル。
次に株式会社化されるのはここか?
経済的に相当ヤヴァイらしいです。
オルテーガにガジャルド、極めつけにアルメイダと、スーペル8用のチームを編成。
金欠で唯一出来ることと言えば他チームの移籍にケチをつけること。
ヘタレ野郎ども!
GONCAS!!

サン・ロレンソ。
厳しい試合もラ・グロリオーサがいつものように後押し。
そして勝利に導く!
SAN LORENZO, EL MAS GRANDE EN PASION Y SENTIMIENTO!!!

     クリックして拡大して見て下さい。
     ベスト16以降は初戦の対戦番号の大きい方が先にHOMEです。 

アル、ブラ以外では、ボリ、コロ、ベネが全滅。
パラ、ウルは1チーム、チリ、エク、ペルは2チーム残しています。

ボエードはまずペルーのチームと対戦。
そこで勝ち上がればブラジルかウルグアイ。
さらに勝ち進めばアルゼンチンかチリかエクアドル。
最後の決勝はブラジル、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルーのうちのどこか。

シエンシアーノは2003年の同大会を制覇した2代目カンペオンであります。
決勝ではアルゼンチンのリーベルを破り、翌年のレコパではボカを倒して、海外カップ戦で2冠を達成しました。
インカ帝国の首都クスコのチームで、ペルーのペーニャ会長セーサルによると、同国の首都リマからはバスで約19時間かかるそうです。

ま、初代カンペオンにはそんなこと関係なし。
たとえ劣勢に陥っても、インチャスの応援で選手たちに+アルファの力を発揮させます。
そして、準々決勝でウルグアイのリーベルと対戦!(したい)

2009年9月15日火曜日

スダメリカーナ2009 初戦② vsティーグレ(H)結果

1-0。
最後の最後に。


0-0のままなら勝ち抜けられる相手は穴だらけながら超ディフェンシヴ。
サン・ロレンソはティーグレにほとんど攻撃のかたちを作らせず攻めに攻めました。
ところが七つ八つ、八つ九つとあった決定的チャンスをことごとく逃して終盤まで苦戦。
おまけに、予想に反してスタメンを外れ途中出場となったメンセゲースが85分に一発レッドで退場に。。。

しかし!
82分にゴメスに代わって入ったボルダガラーイが、出場から4分後、ラージョの退場から1分後に大仕事。

チョロ、雄叫びを上げる!!

もっと楽に勝てた試合でした。
苦しみましたが、何とか勝利してベスト16進出決定です。

次の相手はウルグアイのリーベルプールを破って勝ち上がってきたペルーのシエンシアーノに決定済み。
第1戦は来週水曜日にHOMEで。

※上の動画は人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

Síntesis
San Lorenzo (1): Pablo Migliore; Pablo Pintos, Gastón Aguirre, Jonathan Bottinelli, Aureliano Torres (72' Sebastián González); Diego Rivero, Salvador Reynoso (60' Juan Carlos Menseguez), Cristian González; Leandro Romagnoli; Alejandro Gómez (82' Fabián Bordagaray) y Bernardo Romeo
DT: Diego Simeone
Suplentes: Nereo Champagne, José Luis Palomino, Axel Juárez y Felix Orode

Tigre (0): Luis Ardente; José San Román, Damián Leyes, Maximiliano Oliva, Rodolfo Arruabarrena; Jonathan Blanco (90' Guillermo Suárez), Diego Castaño, Matías Giménez (72' Ramiro Leone), Martín Morel (72' Lucas Oviedo); Carlos Luna y Leandro Lazzaro
DT: Diego Cagna

Cancha: San Lorenzo
Arbitro: Pablo Lunati
Goles: 86' Bordagaray
Amonestados: 54' Bottinelli (SL), 63' Ardente (T), 85' Rivero (SL), 90' Arruabarrena (T) y 92' Castaño (T)
Expulsados: 79' Montiel (T), que estaba en el banco (ベンチより) y 85' Menseguez

2009年9月14日月曜日

スダメリカーナ2009 初戦② vsティーグレ(H)直前情報

明晩、HOMEでティーグレと2ndレグを戦います。

日  時:9月15日20時45分(日本時間翌8時45分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:ルナーティ
通算成績:サン・ロレンソの0勝0分1敗(1得点2失点)
直近結果:ティーグレ 2-1 サン・ロレンソ(スダメリ2009初戦レグ1)
ネット中継:futbolenlapc ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ピントス、アギーレ、ボティネーリ、A.トーレス
MF:リベーロ、フアーレス、ゴメス or C.ゴンサーレス
10:ロマニョーリ
FW:メンセゲース、ロメーオ

ピピをエンガンチェとした4-3-1-2になる模様。
チョロは11番にパプ、キリのどちらを置くか決めかねているとのこと。
チャコは1stレグで退場処分を受けたため出られません。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:マルティーネス、パロミーノ
MF:レイノーソ、C.ゴンサーレス or ゴメス
  バサーン、S.ゴンサーレス、オローデ
FW:ボルダガラーイ

昨日の練習を無断欠席したレイバは懲罰的意味からリスト外。
「日程を聞かされていなかった」と苦しい言い訳をしていますが、継続的に起用されないことに不満があるとも。
同ポジションのJ.M.トーレスが出場停止という絶妙のタイミングで問題が発生しています。
ナイジェリア人のオローデは就労ビザが下りておらず当初リストに入っていませんでしたが、今日ようやく全てが整って緊急招集されました。

対ティーグレです。
国際舞台初対決となった第1戦はAWAYで1-2の敗戦。
明日のHOMEでの第2戦は、90分で決着をつける場合、1-0か2点差以上のスコアで勝利することが求められます。
なお、この試合の後に開幕した国内リーグでは、両チーム1節で勝利を挙げたものの、以後こちらは3分け、あちらは3連敗。
ボエードの方がまだ雰囲気は良いか。
リーグでの通算成績では、サン・ロレンソの34勝6分9敗(126得点67失点)と圧倒しています。

主審はルナーティ。
海外カップ戦での実績は不明です。
国内リーグ戦では11戦4勝2分5敗(17得点19失点)。
シクロンが負け越しを記録している数少ない審判です。
最後に担当したゲームは今期2節のAWAYゴドイ・クルス戦で、クエルボは1-1で引き分けました。

このコパの後は日曜日にリーグ5節でHOMEラシン戦。
そして翌週末の6節はAWAYでまたティーグレと対戦することになります。
気持ちで優位に立つためにも、ここで一発かましてやりましょう。

2009年9月13日日曜日

アペルトゥーラ2009 第4節順位表

付かず離れず。
シクロンはここまで無敗の6チームのうちの一つですが、引き分けが多く首位から6ポイント差。
パソ・ア・パソ。

POSICIONES APERTURA 2009 FECHA 4/2009前期第4節順位表
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
R. Central
12
4
4
0
0
6
2
+4
Estudiantes
10
4
3
1
0
9
3
+6
Banfield
10
4
3
1
0
6
2
+4
Vélez
10
4
3
1
0
5
1
+4
Newell's
7
4
2
1
1
3
2
+1
Independiente
6
4
2
0
2
7
5
+2
SAN LORENZO
6
4
1
3
0
6
4
+2
Argentinos
6
4
1
3
0
4
3
+1
At. Tucumán
6
4
2
0
2
7
7
0
10º
Colón
5
4
1
2
1
6
3
+3
11º
Godoy Cruz
5
4
1
2
1
4
4
0
12º
Boca
5
4
1
2
1
5
6
-1
13º
Lanús
4
4
1
1
2
4
5
-1
14º
River
4
4
1
1
2
5
7
-2
15º
Arsenal
4
4
1
1
2
3
6
-3
16º
Racing
3
4
0
3
1
2
3
-1
17º
Tigre
3
4
1
0
3
5
10
-5
18º
Huracán
1
4
0
1
3
2
6
-4
19º
Gimnasia (LP)
1
4
0
1
3
1
7
-6
20º
Chacarita
0
4
0
0
4
4
8
-4
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

CLASIFICACION A LA LIBERTADORES 2010/2010リベルタドーレス出場権
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
--
Vélez
50
23
14
8
1
34
14
+20
Lanús
42
23
13
3
7
36
31
+5
Colón
39
23
11
6
6
35
22
+13
Huracán
39
23
12
3
8
37
25
+12
--
Estudiantes
39
23
11
6
6
31
21
+10
R. Central
37
23
11
4
8
29
23
+6
Banfield
33
23
9
6
8
31
27
+4
Racing
33
23
8
9
6
25
24
+1
River
31
23
8
7
8
29
32
-3
Godoy Cruz
31
23
8
7
8
27
30
-3
SAN LORENZO
30
23
8
6
9
33
30
+3
10º
Gimnasia (LP)
29
23
7
8
8
24
28
-4
11º
Newell's
28
23
6
10
7
24
24
0
12º
Boca
27
23
7
6
10
27
31
-4
13º
Independiente
27
23
8
3
12
29
41
-12
14º
Tigre
26
23
7
5
11
29
35
-6
15º
Arsenal
22
23
5
7
11
22
36
-14
16º
Argentinos
21
23
3
12
8
23
35
-12
17º
At. Tucumán
6
4
2
0
2
7
7
0
18º
Chacarita
0
4
0
0
4
4
8
-4
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

Clasificarán seis equipos:
El ganador de la Copa Libertadores 2009 (Estudiantes)
El ganador del Torneo Clausura 2009 (Vélez)
El ganador del Torneo Apertura 2009 (está en disputa)
Los tres mejores en esta tabla a excepción de los ya mencionados

・アルゼンチンからは6チームが出場。
・09同大会勝者のエストゥディアンテス及び09後期勝者のベレスは
 出場が確定。
・残りは09前期勝者及び優勝チームを除いた成績上位3チームが出場。
・成績は2期(09後期+09前期)における獲得勝ち点により確定。(上表)
・成績2位以下のチームは予備選から出場。
・エストゥディアンテスorベレスが今期も優勝した場合、成績4位も
 出場権獲得。
・その場合、成績3位以下のチームが予備選から出場。

2009年9月12日土曜日

アペルトゥーラ2009 第4節 vsベレス(A)結果

0-0。
カタイ。。。


ゴールが生まれませんでした。
"PASO A PASO"をここにブチ込んでおきます。

トップのロメーオが完全に孤立し、4-2-3-1機能せず。
シメオーネは、60分にロマニョーリを下げてセバスティアン・ゴンサーレス、その5分後にはメンセゲースに代えてフアーレスと期待のピーベスを投入。
これにより、アクセルが5番に入ってブリートが8番、セビが11番でパプが7番と、それぞれが本職についたいつもの4-4-2へ。
若干の改善が見られたシクロンは終盤に入ってフォルティンのゴールマウスに迫りましたが、ゴメスに代わって出場のボルダガラーイが迎えた最後のチャンスもGKモントージャにはじかれて惜しくもゴールならず。
今期初めて失点ゼロに抑えたものの、同様に得点ゼロに抑え込まれました。
DFラインが全員代表選手というベレスが相手では仕方なしか。。。
ポンセを退場に追い込み、戦犯ドミンゲスはクエルボスのブーイングに委縮してましたけどね。

この一戦、メディアの連中は"クラシコ・モデルノ(モダン・クラシコ)"と呼んで煽っていました。
先方はいつまでもフェロやチカーゴのライバルでいるのも何でしょうから、それでいいでしょう。
でも、当方にとっては永遠に"ただの一試合"でしかありません。
いかんせんベレスはインチャスが少な過ぎる。

インチャーダのラ・パンディージャ・デ・リニエールスは恐らくラ・ドーセ以上にラ・グロリオーサの歌をパクっている連中で、テレビで彼らの試合を見ていると、「この歌までコピーしてるのかよ!」と毎回思わされます。
しかし、マタドーレスとの試合では作者に気を使ってか、こちらのレパートリーにない歌を選曲するように努力しているようです。
まぁ、単に上から被せられて、HOMEでもAWAY状態にあることを実感したくないのかもしれませんが(笑)

次節は日曜日、HOMEでラシンと今期"初"のクラシコです。
その前の火曜日には、スダメリカーナで同じくHOMEに"偽"マタドーレスを迎えます。

※上の動画は人様のものなので、消えちゃう可能性があります。

Síntesis
Vélez Sarsfield (0): Germán Montoya; Waldo Ponce, Sebastián Domínguez, Nicolás Otamendi, Emiliano Papa; Leandro Coronel (58' Jonathan Cristaldo), Leandro Somoza, Víctor Zapata, Maximiliano Moralez (79' Rolando Zárate); Rodrigo López y Juan Manuel Martínez (72' Nicolás Cabrera)
DT: Ricardo Gareca

San Lorenzo (0): Pablo Migliore; Pablo Pintos, Gastón Aguirre, Jonathan Bottinelli, Aureliano Torres; Diego Rivero, Juan Manuel Torres; Juan Carlos Menseguez (65' Axel Juárez), Leandro Romagnoli (60' Sebastián González), Alejandro Gómez (85' Fabián Bordagaray); y Bernardo Romeo
DT: Diego Simeone
Suplentes: Nereo Champagne, Renato Civelli, Cristian González y Emmanuel Torres

Cancha: Vélez Sarsfield
Arbitro: Sergio Pezzotta
Goles: --
Amonestados: 13' Romagnoli (SL), 23' Ponce (VS), 32' Zapata (VS), 55' Pintos (SL), 61' Rivero (SL) y 91' Juárez (SL)
Expulsados: 83' Ponce (VS)

2009年9月11日金曜日

アペルトゥーラ2009 第4節 vsベレス(A)直前情報

明日の午後、AWAYでベレスと対戦します。

日  時:9月12日16時10分(日本時間翌4時10分)
カンチャ:ホセ・アマルフィターニ
主  審:ペソータ
節前順位:サン・ロレンソ7位(勝ち点5) ベレス1位(同9)
通算成績:サン・ロレンソの64勝47分42敗(236得点180失点)
直近結果:サン・ロレンソ 0-1 ベレス(クラウスーラ2009第9節)
ネット中継:futbolenlapc ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:ピントス、アギーレ、ボティネーリ、A.トーレス
MF:リベーロ、J.M.トーレス、ゴメス、ロマニョーリ、メンセゲース
FW:ロメーオ

チョロはいよいよ本人が理想とする4-2-3-1で試合に臨みます。
DFラインではアウレリアーノがパラグアイ代表から戻り合流。
ブリートとチャコが5番的役割を担い、パプ、ピピ、ラージョがその前に。
そしてベルニーのワントップです。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:シャンパーン
DF:ルーナ、シベーリ
MF:フアーレス、C.ゴンサーレス、チャパーロ、S.ゴンサーレス
FW:ボルダガラーイ、E.トーレス

ビアンチが貸し出されシベーリが初ベンチ。
前節出場しなかったレイバはスポーツヘルニアで欠場確定。
チャパーロ=Leandro Chaparroは18歳の攻撃的MF。
E.トーレス=Emmanuel Torresは17歳のFW。

対フォルティン。
昨期はHOMEで戦いクエルボは0-1で敗れました。
一昨期はAWAYでの対戦でロメーオのゴールにより1-0の勝利を収めています。
明日先発の9番にとって今のところこれが最後にマークした得点です。
ここ30試合は12勝6分12敗と五分の星でドロー少なし。
ここ3試合のスコアはすべて1-0。
07/08シーズンの2試合はHOMEチームが勝利し、08/09シーズンの2試合ではAWAYチームが勝利しています。
09/10シーズン最初の対戦となる明日はどう出るか?

相手は優勝した昨期から通算した22試合で1敗しかしておらず、ここ8試合7勝1分と負けなしです。
さらに今期も開幕3連勝と好調。
しかし逆にそろそろ・・・な感じが個人的にはしています。
(いや、単なる期待ですが。。。)
向こうはアルゼンチン代表に3人、ウルグアイ代表とチリ代表に各1人の計5人を送りだしていたはずですので、その辺で調子を崩すこともあるのではないかなと。
(いや、単なる期待ですが。。。)

主審はペソータが務めます。
国内リーグにおけるサン・ロレンソ戦の実績は29戦13勝10分6敗(47得点40失点)。
最後に担当した試合は昨期11節HOMEでのラシン戦で、結果は1-1の引き分け。
このロサリオ人にロスタイムを1分余計に取られ、シクロンはその間に追いつかれるという試合でした。

AWAYゴール裏ポプラールは売り切れ。
プラテーアは$80と高すぎなので残ってますが、いつものようにHOME状態になること間違いなしです!

2do Aniversario Peña Japón - 日本ペーニャ2周年 -

11.9.2009.
2 años junto al Ciclón!!


今日9月11日、サン・ロレンソ日本ペーニャは2周年を迎えました。
明日、リニエールスでお祝いします!

2009年9月10日木曜日

アペルトゥーラ2009マーケット(37)

まとめ。
パーセント表示は保有または購入もしくは売却するパスの割合。
選手のパスを持っている者が前所属クラブではない場合は、間にその所有者が入っています。
フリーは選手本人所有です。

<IN>
GK:P.ミグリオーレ(0%=レンタル)←ボカ←ラシン
GK:G.カンパニュオーロ(0%=レンタル)←フリー←ラシン
DF:P.ピントス(50%=80万ドル)←デフェンソール・スポルティング
DF:R.シベーリ(0%=レンタル)←フリー←オリンピック・マルセイユ
DF/MF:S.ルーナ(0%=レンタル)←投資家←キルメス
MF:C.レイバ(0%=レンタル)←フリー←ゴドイ・クルス
MF:C.ゴンサーレス(0%=レンタル)←フリー←セントラル
MF:L.ロマニョーリ(0%=レンタル)←フリー←スポルティング・リスボン
MF/FW:F.オローデ(40%=0ドル※)←投資家他←R.キングス←リェイダ
FW:J.C.メンセゲース(50%=レンタル終了)←ウェスト・ブロムウィッチ
FW:V.メーサ(0%=レンタル)←投資家←スポルティーボ・イタリアーノ
※CASLAは一銭も払わず、ショーウインドー代として40%もらいます。

<OUT>
GK:H.ナバーロ(0%=レンタル終了)→インデペンディエンテ
DF:A.ゴンサーレス(100%=放棄)→フリー→サン・パウロ
DF:C.トゥーラ(100%=レンタル)→アルセナル
DF:P.アルバラード(100%=レンタル)→ベルグラーノ
DF:S.メンデス(0%=契約解除)→フリー→バンフィエルド
DF:N.ビアンチ・アルセ(100%=レンタル)→AEKアテネ
MF:J.サンターナ(0%=レンタル終了)→ヴォルフスブルグ
MF:C.レデースマ(0%=レンタル終了)→オリンピアコス
MF:S.ソラーリ(0%=レンタル終了)→フリー→アトランテ
MF:P.バリエントス(0%=レンタル終了)→FCモスクワ→カターニア
FW:B.フォルナローリ(0%=レンタル終了)→サンプドリア
FW:C.チャベス(100%=レンタル)→ゴドイ・クルス
FW:C.アコスタ(100%=レンタル)→フベントゥー・アントニアーナ
FW:G.ベルヘッシオ(0%=レンタル終了)→投資家→サンテティエンヌ
FW:H.ペイローネ(100%=放棄)→フリー→エメレク
FW:A.シルベーラ(100%=65万ドル)→インデペンディエンテ

11人来て16人去りました。
単純に数だけ見ればマイナス。
でも中身はプラス!

2009年9月8日火曜日

アペルトゥーラ2009 第3節順位表②

本日、残っていたカナージャ対ガジーナの一戦が行われ、3節の全日程が終了しました。

POSICIONES APERTURA 2009 FECHA 3/2009前期第3節順位表
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
Vélez
9
3
3
0
0
5
1
+4
R. Central
9
3
3
0
0
5
2
+3
Estudiantes
7
3
2
1
0
7
2
+5
Banfield
7
3
2
1
0
4
1
+3
Newell's
7
3
2
1
0
3
1
+2
Independiente
6
3
2
0
1
6
3
+3
SAN LORENZO
5
3
1
2
0
6
4
+2
Boca
5
3
1
2
0
5
4
+1
Colón
4
3
1
1
1
6
3
+3
10º
Godoy Cruz
4
3
1
1
1
3
3
0
10º
Lanús
4
3
1
1
1
3
3
0
12º
Argentinos
3
3
0
3
0
3
3
0
13º
At. Tucumán
3
3
1
0
2
5
7
-2
13º
River
3
3
1
0
2
5
7
-2
15º
Tigre
3
3
1
0
2
4
8
-4
16º
Racing
2
3
0
2
1
1
2
-1
17º
Arsenal
1
3
0
1
2
1
5
-4
18º
Chacarita
0
3
0
0
3
4
7
-3
19º
Huracán
0
3
0
0
3
1
5
-4
20º
Gimnasia (LP)
0
3
0
0
3
0
6
-6
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

CLASIFICACION A LA LIBERTADORES 2010/2010リベルタドーレス出場権
POS
EQUIPO
PTS
PJ
PG
PE
PP
GF
GC
DIF
--
Vélez
49
22
14
7
1
34
14
+20
Lanús
42
22
13
3
6
35
29
+6
Colón
38
22
11
5
6
35
22
+13
Huracán
38
22
12
2
8
36
24
+12
--
Estudiantes
36
22
10
6
6
29
20
+9
R. Central
34
22
10
4
8
28
23
+5
Racing
32
22
8
8
6
24
23
+1
Banfield
30
22
8
6
8
29
26
+3
River
30
22
8
6
8
29
32
-3
Godoy Cruz
30
22
8
6
8
26
29
-3
SAN LORENZO
29
22
8
5
9
33
30
+3
10º
Newell's
28
22
6
10
6
24
23
+1
11º
Gimnasia (LP)
28
22
7
7
8
23
27
-4
12º
Boca
27
22
7
6
9
27
29
-2
13º
Independiente
27
22
8
3
11
28
39
-11
14º
Tigre
26
22
7
5
10
28
33
-5
15º
Arsenal
19
22
4
7
11
20
35
-15
16º
Argentinos
18
22
2
12
8
22
35
-13
17º
At. Tucumán
3
3
1
0
2
5
7
-2
18º
Chacarita
0
3
0
0
3
4
7
-3
POS=順位 EQUIPO=チーム PTS=勝点 PJ=試合数 PG=勝ち PE=分け PP=負け
GF=得点 GC=失点 DIF=得失点差

Clasificarán seis equipos:
El ganador de la Copa Libertadores 2009 (Estudiantes)
El ganador del Torneo Clausura 2009 (Vélez)
El ganador del Torneo Apertura 2009 (está en disputa)
Los tres mejores en esta tabla a excepción de los ya mencionados

・アルゼンチンからは6チームが出場。
・09同大会勝者のエストゥディアンテス及び09後期勝者のベレスは
 出場が確定。
・残りは09前期勝者及び優勝チームを除いた成績上位3チームが出場。
・成績は2期(09後期+09前期)における獲得勝ち点により確定。(上表)
・成績2位以下のチームは予備選から出場。
・エストゥディアンテスorベレスが今期も優勝した場合、成績4位も
 出場権獲得。
・その場合、成績3位以下のチームが予備選から出場。