2015年10月31日土曜日

プリメーラ2015 第29節 vs テンペルレイ(H)直前情報

日本時間11月2日(月)6時00分キックオフ。

サン・ロレンソ3位(勝ち点55) テンペルレイ25位(同29)

<予想布陣>
トリーコ
ブファリーニ カルーソ ジェペス マス
ビジャルバ メルシエール カリンスキ ブランコ
カウテルーチョ マートス

<ベンチ入り>
GK:デベーキ DF:プロスペリ、セート MF:ムーシス
MF:ロマニョーリ、バリエントス、ローレ FW:ブランディ から7人

11番バリエントスに代わってマートスが入りカウテルーチョとダブル9番、10番なしでブランコ11番。
今季絶望見込みだったロマニョーリが予定より早く復帰し前泊。

対テンペルレイ。

最後に対戦したのは1986/87シーズン第24節AWAYでの試合で結果は1-0の勝ち。

リーグ戦通算成績は17戦11勝3分3敗(35得点20失点)。

コパ・アメリカ中断時に組まれた練習試合はバリエントスの狼藉により途中で終了。
公式戦では久しぶりの再会。
まだ残留を決めていない相手。
現在4連敗中で5試合勝ち星なし。
守備の要ガストン・アギーレがペドロ・ビデガインに凱旋。
貸出中のガブリエル・エスパルサは特に制約なく出場可。

主審はマウロ・ビグリアーノ。

最後に担当したゲームは今季第12節AWAYでのニューウェルス戦で結果は1-1。

アスルグラーナとこのレフェリーのリーグ戦通算成績は10戦5勝5分0敗(13得点5失点)。
他、スダメリカーナ2013二次ラウンド対リーベル第1戦HOME0-1負けあり。
セレステとこの審判の戦績は不明。

HOME最終戦。

AGUANTE EL CICLON!!

2015年10月29日木曜日

バウサ退任

リベルタドーレス2014優勝という偉業を成し遂げ・・・

契約満了となる今季を以っていったんボエードを離れることに。
2016年のシクロンを指揮する後任監督は誰に?

ありがとう、パトーン!

2015年10月20日火曜日

2015年10月19日月曜日

プリメーラ2015 第28節 vs オリンポ(A)ダイジェスト


"FUTBOL PERMITIDO"。

第01節~第20節まで11失点。
第21節~第28節まで9失点。
堅守崩壊。

上位陣残り試合
BOC(61):TIG(H) - CEN(A)
CEN(56):BAN(A) - BOC(H)
SLO(55):TEM(H) - RAF(A)

2015年10月18日日曜日

プリメーラ2015 第28節 vs オリンポ(A)結果

1-2。
3位転落。


44分、エンシーナ。


50分、アクーニャ。


69分、マートス。

9月下旬から急失速し3試合連続で勝てず。
リベルタドーレス2016出場権のダイレクトなかたちでの獲得も危うい状況に。

次節はまたまた間が空いて11月1日(日)を基準とする週末、HOMEでテンペルレイと対戦します。

<出場>
トリーコ
ブファリーニ カルーソ ジェペス マス
メルシエール カリンスキ(46' マートス)
ビジャルバ ブランコ バリエントス(82' ローレ)
カウテルーチョ(80' ブランディ)

<ベンチ>
GK:デベーキ DF:プロスペリ、セート MF:ムーシス 監督:バウサ

<得点>
44' エンシーナ(O)、50' アクーニャ(O)、69' マートス(SL)

<退場>
なし

<主審>
ダリーオ・エレーラ

<会場>
ロベルト・ナターリオ・カルミナーティ

2015年10月17日土曜日

プリメーラ2015 第28節 vs オリンポ(A)直前情報

日本時間10月19日(月)4時10分キックオフ。

サン・ロレンソ2位(勝ち点55) オリンポ20位(同30)

<予想布陣>
トリーコ
ブファリーニ カルーソ ジェペス マス
メルシエール カリンスキ
ビジャルバ ブランコ バリエントス
カウテルーチョ

<ベンチ入り>
GK:デベーキ DF:プロスペリ、セート MF:キニョーン
MF:ムーシス、ローレ FW:マートス、ブランディ から7人

5番の一人代表戦で左太腿裏肉離れのオルティゴーサに代わりカリンスキ。
10番エリサーリに代わり11番出場停止明けバリエントス(ブランコ11番→10番)。
2番カルーソは累積警告で出場停止もオルティの件で225が適用され今節は出場可。

対オリンポ。

昨期はリベルタ決勝のため期半ばに延期された第1節でHOMEにて対戦し結果は2-0の勝ち。

リーグ戦通算成績は17戦8勝5分4敗(22得点18失点)。

残留は安泰。
来年のスダメリカーナ出場権獲得がテーマ。
というアウリネグロ。
アスルグラーナが最近勝てていない敵地での一戦。

主審はダリーオ・エレーラ。

最後に担当したゲームは今季第21節AWAYでのアルヘンティノス戦で結果は3-2の勝ち。

ボエードとこのレフェリーのリーグ戦通算成績は10戦4勝1分5敗(12得点14失点)。
バイア・ブランカとこの審判の戦績は不明。

今回、ラ・グロリオーサ参戦可。

AGUANTE EL CICLON!!

2015年10月11日日曜日

スダメリカーナ2016出場権


①スーペルコパ・アルヘンティーナ2015優勝チーム
②リギージャ・プレ・リベルタドーレス2016決戦敗北チーム
③リギージャ・プレ・スダメリカーナ2016勝抜チーム(1)
④リギージャ・プレ・スダメリカーナ2016勝抜チーム(2)
⑤リギージャ・プレ・スダメリカーナ2016勝抜チーム(3)
⑥リギージャ・プレ・スダメリカーナ2016勝抜チーム(4)

スダメリカーナ2015をアルゼンチンのチームが獲れば同国からの出場は計7チームに。

スーペルコパ・アルヘンティーナ2015
プリメーラ2015覇者とコパ・アルヘンティーナ2014/15覇者が中立地で1試合。

リギージャ・プレ・スダメリカーナ(プレイオフ)2016
プリメーラ2015で7位から18位までに入った12チームに出場権。
さらにリギージャ・プレ・リベルタドーレス2016初戦敗退2チームにもシード権付出場権。
初戦は7位 vs 18位、8位 vs 17位・・・という組み合わせでそれぞれ上位チームHOMEで1試合。
次いで初戦突破6チームにリギージャ・プレ・リベルタ初戦敗退2チームを加えH&Aで決戦。
対戦カードは再度プリメーラ2015の順位をもとに以下のように決定。

(1)上から1番目(リギージャ・プレ・リベルタ初戦敗退上位) 対 下から1番目
(2)上から2番目(リギージャ・プレ・リベルタ初戦敗退下位) 対 下から2番目
(3)上から3番目 対 下から3番目
(4)上から4番目 対 下から4番目

リベルタドーレス出場権の方で最低でもリギージャ・プレ・リベルタ出場が確定しているボエード。
スダメリカーナの方で残された可能性は①~④番手としての出場。
①なら両コパス出場です。

2015年10月10日土曜日

リベルタドーレス2016出場権


①リベルタドーレス2015優勝チーム(リーベル)
②プリメーラ2015優勝チーム(ボカ、サン・ロレンソ or セントラル)
③プリメーラ2015準優勝チーム(ボカ、サン・ロレンソ、セントラル、ラシン他)
④アルヘンティーナ2014/15優勝チーム(セントラル、ラシン、ラヌース or ボカ)
⑤リギージャ・プレ・リベルタドーレス2016勝利チーム(セントラル、ラシン、インデペンディエンテ他)
⑥スダメリカーナ2015最上位進出チーム(ウラカン or インデペンディエンテ)

カッコ内は確定済、現時点で可能性がある、もしくは可能性が高いところ。
同一チームが複数に該当する場合は上位番手に入り、下位番手は次点が出場。
⑤⑥番手は大会予備選から。

リギージャ・プレ・リベルタドーレス(プレイオフ)2016
プリメーラ2015で3位から6位までに入ったチームに出場権。
3位 vs 6位 対 4位 vs 5位で決定。
初戦は上位チームHOMEで1試合、決戦はHOME&AWAY。
初戦敗退2チームはリギージャ・プレ・スダメリカーナ2016に出場。
決戦で敗れたチームはスダメリカーナ2016に出場。

ボエードに残された可能性は②③⑤番手としての出場。

2015年10月5日月曜日

プリメーラ2015 第27節 vs セントラル(H)ゴール裏







追いつかれ逆転されても応援を止めず。
ますますヴォルテージを上げた世界一のインチャーダ。
ラ・グロリオーサ。

それが・・・

なぜか試合が始まると90分間お葬式状態で・・・


"RECIBIMIENTO(選手入場時)"の動画しかYouTubeにUPできない"モドキ"と大きく違うところ。

ロサリオの2クラブとも参列者は多いですが、それが故に"寒さ"が際立ちます(笑)

2015年10月4日日曜日

プリメーラ2015 第27節 vs セントラル(H)ダイジェスト


"FUTBOL PERMITIDO"。

主審のヘルマン・デルフィーノ。
昨年、シクロンがリベルタドーレスを獲った後のリーグ戦HOME試合に一族を引き連れて来訪。
コパを抱えて入れ代わり立ち代わり記念撮影を敢行しこの時"クエルボ説"が流れたものの・・・


結局のところ長いものに巻かれて普通にボッテーロであることを一昨年TVに出演し告白済み。
(「子供のころはボカのインチャだった」と過去形を使った言い方でしたが)
この立ち位置なら昨日の試合でこちらにイエローを連発し明らかなPKをガン無視したのも納得。
しかし他人が獲得した記念品と一緒に写真を撮りたいと思う気持ちは理解できません。

ちなみに今日・・・

こんなのがPKで・・・


こっちはPKではなく、ファウルですらないそうです。

上位陣残り試合
BOC(61):RAC(A) - TIG(H) - CEN(A)
SLO(55):OLI(A) - TEM(H) - RAF(A)
CEN(53):ARG(H) - BAN(A) - BOC(H)

2015年10月3日土曜日

プリメーラ2015 第27節 vs セントラル(H)結果

2-2。
激闘の末ドロー。


1分、ビジャルバ。


32分、ルーベン(PK)。


69分、ルーベン。


76分、ブランコ。

開始13秒で先制も得点王ランキング独走中の9番を擁する相手に今季二度目の2失点。
追いついてから突き放せそうなところもありましたが、決めきれませんでした。

次節は間が空いて10月18日(日)を基準とする週末、AWAYでオリンポと対戦します。

<出場>
トリーコ
ブファリーニ カルーソ ジェペス マス
メルシエール(71' アビラ) オルティゴーサ
ビジャルバ エリサーリ(33' ローレ 76' ブランディ) ブランコ
カウテルーチョ 

<ベンチ>
GK:デベーキ DF:セート MF:カリンスキ、ムーシス 監督:バウサ

<得点>
1' ビジャルバ(SL)、32' ルーベン-PK-(RC)、69' ルーベン(RC)、76' ブランコ(SL)

<退場・退席>
44' コウデー(RC)

<主審>
ヘルマン・デルフィーノ

<会場>
ヌエーボ・ガソーメトロ

2015年10月2日金曜日

プリメーラ2015 第27節 vs セントラル(H)直前情報

日本時間10月4日(日)6時10分キックオフ。

サン・ロレンソ2位(勝ち点54) セントラル3位(同52)

<予想布陣>
トリーコ
ブファリーニ カルーソ ジェペス マス
メルシエール オルティゴーサ
ビジャルバ エリサーリ ブランコ
カウテルーチョ

<ベンチ入り>
GK:デベーキ DF:セート、フォンタニーニ MF:カリンスキ
MF:ムーシス、ローレ、アビラ FW:ブランディ から7人

5番の一人カリンスキに代わり出場停止明けオルティゴーサ。
11番ローレに代わり左太腿裏肉離れから快速復帰のブランコ。
バリエントス累積警告で出場停止。
マートス腰椎に違和感で回避。

対セントラル。

昨期は第6節にAWAYで対戦し結果は1-1。

リーグ戦通算成績は144戦54勝47分43敗(230得点183失点)。

リベルタドーレス2016出場権。
今季2位までに入ればダイレクトでグループリーグ予選へ。
3位だと国内プレイオフからという長い道のりに・・・
3位対6位、4位対5位でまず一発勝負。
それに勝った者同士でHOME&AWAY。
それに勝った者がどこかの国のチームとHOME&AWAYで予備選。
それに勝った者がグループリーグ予選入り。
したがって明日は優勝争いに最後まで食らいついていくのとは別に大事な試合です。

主審はヘルマン・デルフィーノ。

リーグ戦で最後に担当したゲームは昨期第5節HOMEでのリーベル戦で結果は1-3の負け。


直近の担当試合はレコパ2015対CARP第1戦AWAYで結果は0-1の負け。

CASLAとこのレフェリーのリーグ戦通算成績は16戦6勝3分7敗(22得点20失点)。
他、コパ・アルヘンティーナ2012/13決勝対AFC0-3敗北あり。
本人クエルボも相性悪し。
CARCとこの審判の戦績は2部での試合含め不明。

来週末はリーグ戦なし。
次節は2週間後。
勝ってブレイクに入りましょう。

AGUANTE EL CICLON!!