2013年11月30日土曜日

イニシアル2013 第18節 vs エストゥディアンテス(H)直前情報

日本時間12月2日(月)5時30分キックオフ。

サン・ロレンソ1位(勝ち点31) エストゥディアンテス7位(同26)

===============================予想布陣===============================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ メルシエール
ロマニョーリ コレーア ピアーティ
ビジャルバ
-----------------------------------------------------ベンチ入り-----------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:プロスペリ、セート、フォンタニーニ、マス MF:オルティゴーサ
MF:ナバーロ、エリサーリ、ルイス、カバラーロ FW:コントレーラス から7人
=====================================================================

現時点でのベストメンバー。
通常より多い22人前泊。

対エストゥディアンテス。

昨期は第3節にAWAYで対戦し結果は1-1の引き分け。
6分、サパータのシュートがセートに当たりコースが変わって失点。
残り15分を切ったところ、FKからジェンティレーティのヘッド。
元ヒムナシア他のゴールで追いつきました。

最後にHOMEで対戦したのは一昨期第3節。

結果は0-1の負け。
前半動きなし。
後半も30分が過ぎてようやくエンジンが掛かり始めたかというところで逆にポコっと。
元ティーグレ他のロマン・マルティーネス、ビクトリアで散々やってくれた選手にやられました。

<直近10試合>
13終期第3節:エストゥディアンテス 1-1 サン・ロレンソ ※上記
12始期第3節:サン・ロレンソ 0-1 エストゥディアンテス ※上記
12後期第2節:サン・ロレンソ 1-1 エストゥディアンテス
11前期第2節:エストゥディアンテス 0-2 サン・ロレンソ
11後期第9節:エストゥディアンテス 0-0 サン・ロレンソ
10前期第9節:サン・ロレンソ 0-1 エストゥディアンテス
10後期第3節:エストゥディアンテス 2-0 サン・ロレンソ
09前期第3節:サン・ロレンソ 2-2 エストゥディアンテス
09後期第3節:エストゥディアンテス 2-1 サン・ロレンソ
08前期第3節:サン・ロレンソ 3-0 エストゥディアンテス

2勝4分4敗(10得点10失点)。
うちHOMEでは5戦1勝2分2敗(6得点5失点)。
これらを含め通算成績は164戦68勝48分48敗(261得点202失点)。
うちHOMEでは81戦40勝23分18敗(152得点90失点)。

一応優勝の可能性を残していると思われるピンチャラータス。
最終節に上位陣の直接対決が多いため不確実ですが、今回マタドーレスに勝てば優勝決定戦で再戦ということもありそうです。
彼らは今期ここまで6勝、そのうちAWAYではミジョナリオスに勝った一つのみ。
これまでに喫した3敗は全て敵地にて。
ここ数年の勢いを完全に失っている相手。
開幕前にペドロ・ビデガインで戦ったプレシーズンマッチと同じ結果を期待しましょう。

主審はパブロ・ルナーティ。

最後に担当したゲームは一昨期第15節AWAYでのウニオン戦で結果は2-2の引き分け。
9分、PKのチャンスにエストラクアルルシの右炸裂。
この後、納得行かない敵将がしつこく抗議し退席に。
14分、元ボステーロ、ケメーロ他のフランソイアが同点弾。
さらに前半ロスタイム、CKではなかったところCKと判定されブルーノ・ビアンチが逆転弾。
後半始まって3分、ミグリオーレのロングボールからボルダガラーイが復活弾。
ロスタイムには一発レッドで先方に退場者。
しかし数的優位を活かす時間はほとんど無く、ドローに終わりました。

<直近10試合>
12始期第15節:ウニオン 2-2 サン・ロレンソ ※上記
12始期第10節:サン・ロレンソ 0-0 アルセナル
12始期第03節:サン・ロレンソ 0-1 エストゥディアンテス
11/12入替戦②:サン・ロレンソ 1-1 インスティトゥート
12後期第17節:ティーグレ 3-1 サン・ロレンソ
12後期第13節:オール・ボーイス 0-0 サン・ロレンソ
12後期第07節:Atl.ラファエラ 2-1 サン・ロレンソ
12後期第03節:アルヘンティノス 0-1 サン・ロレンソ
11前期第18節:サン・ロレンソ 0-1 インデペンディエンテ
11前期第12節:アルセナル 1-0 サン・ロレンソ

1勝4分5敗(6得点11失点)。
うちHOMEでは4戦0勝2分2敗(1得点3失点)。
これらを含め通算成績は28戦7勝7分14敗(27得点40失点)。
うちHOMEでは12戦6勝2分4敗(12得点11失点)。
レオンの戦績は不明。

自身の脱税問題から一昨期フェイドアウトしていたガジーナ。
2週間前に2部の舞台で復帰し、前節さっそく1部へ。
クエルボはこのタイミングで最悪のレフェリーと再会です。
当カードにしても過去に3試合ジャッジ。
上述の最後にHOMEで対戦したゲーム含めいずれも敗れています。

本日11月30日はサン・ロレンソのインチャの日。
そして大きなプレゼント。
タイトルを争うニューウェルス、アルセナル、Atl.ラファエラが揃って敗れました。
今日のところ条件は整っています。
明日勝って45分遅れで開始されるラヌース対ボカで前者が引き分け以下なら最終節を残し優勝。
グラナーテは来週水曜日にスダメリカーナ決勝第1戦AWAYポンチ・プレッタ戦を控え、リーグ戦にはサブ中心のメンバーで臨みます。

AGUANTE EL CICLON!!

2013年11月25日月曜日

2013年11月24日日曜日

イニシアル2013 第17節 vs ラファエラ(A)ダイジェスト

奇跡的に単独首位キープ。


個人編集。

コパ・アルヘンティーナ2012/13ベスト16対ラ・クレーマでトリプレーテを決めたピアーティ。
今回はドブレーテでエル・シクロンを救いました。
リーグ戦では今期ここまで8ゴール。
得点王争いではトップから-1ゴールの2位です。

今節の上位陣全て引き分け以下の結果に。
残り2試合で数字上8位くらいまで優勝の可能性があります。
全19節終了時に複数チームがトップ勝ち点で並んだ場合、2チームなら中立地で優勝決定戦1試合。
3チーム以上なら当該チーム間の対戦のみを抽出し勝ち点計算、ベストのチームが優勝。
ここでも優劣が付かなければ、直接対決の勝敗、 同得失点差、同得点数、全19節の得失点差、同得点数、くじ引きと続きます。
この中から2チーム抜き出して決定戦とはならず、即決です。
次節終了時にはもう少し絞られていることでしょう。

2013年11月23日土曜日

イニシアル2013 第17節 vs ラファエラ(A)結果

2-2。
苦しんで勝ち点1。


10分、完璧なクロスからアルベルテンゴのヘッドでラ・クレーマ先制。
50分、ベーラが得点ランキングトップに並ぶ追加点。
65分、FKからピアーティの一撃でエル・シクロン反撃開始。
85分、ナチョが個人技でDFを翻弄し得点ランキングトップに並ぶもう一発。
何とかドローに持ち込みました。

何故か勝てない敵地ラファエラ。
今回の結果が優勝争いにどう影響するか?

次節は日曜日、HOMEでエストゥディアンテスと対戦します。

=================================出場=================================
トリーコ
ブファリーニ(46' ルイス) アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ(81' ナバーロ) メルシエール
ロマニョーリ(78' エリサーリ) コレーア ピアーティ
ビジャルバ
-------------------------------------------------------ベンチ-------------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:セート、マス MF:オルティゴーサ 監督:ピッツィ
--------------------------------------------------------得点--------------------------------------------------------
  10' アルベルテンゴ(AR)、50' ベーラ(AR)、65' ピアーティ(SL)、85' ピアーティ(SL)
--------------------------------------------------------退場--------------------------------------------------------
なし
-----------------主審------------------------------------------------------------------------会場-----------------
ヘルマン・デルフィーノ                         ヌエーボ・モヌメンタル
=====================================================================

イニシアル2013 第17節 vs ラファエラ(A)ネット中継

2013年11月22日金曜日

イニシアル2013 第17節 vs ラファエラ(A)直前情報

日本時間11月24日(日)8時20分キックオフ。

サン・ロレンソ1位(勝ち点30) Atl.ラファエラ8位(同24)

===============================予想布陣===============================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ メルシエール
ロマニョーリ コレーア ピアーティ
ビジャルバ
-----------------------------------------------------ベンチ入り-----------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:セート、フォンタニーニ、マス MF:オルティゴーサ
MF:ナバーロ、エリサーリ、ルイス、カバラーロ FW:コントレーラス から7人
=====================================================================

出場停止が解けた両SBブファリーニとカネマンが先発復帰。
中盤から前は変更なし。

対Atl.ラファエラ。

昨期は第16節にAWAYで対戦し結果は0-0の引き分け。
互いにこれを決めていれば・・・という明らかな決定機はなし。
内容からして妥当なスコアレスドローでした。

<直近6試合>
13終期第16節:Atl.ラファエラ 0-0 サン・ロレンソ ※上記
12始期第16節:サン・ロレンソ 1-0 Atl.ラファエラ
12後期第07節:Atl.ラファエラ 2-1 サン・ロレンソ
11前期第07節:サン・ロレンソ 1-3 Atl.ラファエラ
04後期第05節:Atl.ラファエラ 0-0 サン・ロレンソ
03前期第05節:サン・ロレンソ 1-1 Atl.ラファエラ

1勝3分2敗(4得点6失点)。
うちAWAYでは3戦0勝2分1敗(1得点2失点)。
リーグ戦ではこれらが全て。

ボエードはラファエラに負け越し中。
AWAYでは一度も勝てていません。
この他、コパ・アルヘンティーナ2012/13ベスト16サン・フアンでの対戦あり。
その時はピアーティのトリプレーテで3-0の勝利を収めています。
彼らは前節近隣AWAYサンタ・フェで試合予定でした。
しかしHOMEチームの選手たちが報酬未払いを理由に出場拒否。
1試合消化が少ない状況でまだ優勝を狙える位置につけています。
これまでノーマークでしたが、ここでとどめを刺す必要があるでしょう。

主審はヘルマン・デルフィーノ。

最後に担当したゲームは今期第14節HOMEでのボカ戦で結果は1-0の勝ち。
25分、PKを獲得するもロマニョーリがオリオーンにストップされ先制ならず。
後半始まって1分、ピアーティが左サイドを制しコレーアへ、アンヘリートが落ちついてゲット。
88分、PKを献上するもトリーコがペレスをストップ。
今期のクラシコ3試合無失点の全勝で終えました。

<直近10試合>
13始期第14節:サン・ロレンソ 1-0 ボカ ※上記
13始期第06節:セントラル 0-2 サン・ロレンソ
13終期第04節:サン・ロレンソ 2-0 リーベル
12始期第13節:ボカ 3-1 サン・ロレンソ
12始期第08節:サン・ロレンソ 1-2 ベレス
12始期第04節:リーベル 0-0 サン・ロレンソ
12後期第19節:サン・ロレンソ 3-1 サン・マルティン(SJ)
12後期第15節:ウニオン 1-0 サン・ロレンソ
12後期第11節:バンフィエルド 1-1 サン・ロレンソ
11前期第07節:サン・ロレンソ 1-3 Atl.ラファエラ

4勝2分4敗(12得点11失点)。
うちAWAYでは5戦1勝2分2敗(4得点5失点)。
これらを含め通算成績は12戦5勝2分5敗(16得点13失点)。
うちAWAYでは6戦2勝2分2敗(7得点5失点)。
ラ・クレーマの戦績は不明。

コパ・アルヘンティーナ2012/13ファイナル対エル・ビアドゥクト。
ピアーティに正当なジャッジで一発レッド。
エル・シクロンは0-3で惨敗。
しかしリーグ戦ではこの人のジャッジ下3試合無失点で連勝中。
勝敗を五分に戻しています。

前節他チームがつまづき単独首位に。
自力優勝が唯一可能です。

AGUANTE EL CICLON!!

2013年11月21日木曜日

ノヴァク・ジョコヴィッチ、ソシオに

今週月曜日の時点で世界ランキング2位のセルビア人テニス・プレイヤー。
現在ブエノス・アイレスを訪問中。

本日、元ボカ会長のマウリシオ・マクリ市長とチャリティーイベントで小学校を訪れ・・・

小便と大便が混じった色のユニフォームをプレゼントされるも・・・

こんなにダサイのを気に入るはずもなく、即座に青赤の1枚をリクエスト。

 嫌とは言えないマクリは急ぎ調達に走り、渡し直しました。

ローマ法王も所有しているユニを手にしたノールは大満足だそうで・・・

サン・ロレンソはさっそく彼をソシオに登録。

新たに有名人の名誉ソシオが誕生しています。
1枚目の画像、右手のヴァッチ~ものを持たされた感じが何とも言えませんね(笑)

2013年11月18日月曜日

イニシアル2013 第16節 vs ベルグラーノ(H)ゴール裏

あと3試合、HOMEは1試合。


インチャーダ入場。


チーム入場。


ゴ~~~~~ル!


ゴ~~~~~ル!!


ゴ~~~~~ル!!!


後半部分歌詞変更中につき新旧混在。


ゴ~~~~~ル!!!!


試合終了。

優勝を強く意識した歌を期の終盤まで歌える喜びを噛みしめて。

2013年11月17日日曜日

イニシアル2013 第16節 vs ベルグラーノ(H)ダイジェスト

HOMEでは3連勝&7試合負けなし。


個人編集。

レアンドロ・アティーリオ・ロマニョーリ。

ピピ。

ボエードで300試合出場。

一人特別なマーキングを施したユニフォームを着て1アシスト。
チームを勝利に導きました。

2013年11月16日土曜日

イニシアル2013 第16節 vs ベルグラーノ(H)結果

4-2。
楽勝ムード一転も勝ち点3。


2分、マスがこぼれ球を拾いボエードでは初ゴールとなる豪快な一撃。
9分、ピアーティのお膳立てからコレーアが追加点。
27分、ジェンティレーティの中途半端な対応からペレイラが反撃弾。
折り返して59分、あちらの1点目をマークした男がアルバラードのオウンゴールを誘発。
その3分後、ナチョがPKゲット、自身が決めて再びリード。
さらにその9分後、ロマニョーリのCKにセートの右足ダイレクト。
途中苦戦しましたが、欲しかった結果を手にしました。

昨年11月15日の聖地取り戻し決定から1年経ち最初のゲーム。
ピピがアスルグラーナのユニフォームを着て300試合達成。
勝ち点30到達一番乗り。
暫定で単独首位に浮上。

次節も土曜日、AWAYでAtl.ラファエラと対戦します。

=================================出場=================================
トリーコ
アルバラード セート ジェンティレーティ マス
カリンスキ(70' オルティゴーサ) メルシエール
ロマニョーリ(76' コントレーラス) コレーア ピアーティ
ビジャルバ(83' フォンタニーニ)
-------------------------------------------------------ベンチ-------------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:カタラーン MF:エリサーリ、ルイス 監督:ピッツィ
--------------------------------------------------------得点--------------------------------------------------------
2' マス(SL)、9' コレーア(SL)、27' ペレイラ(B)
59' アルバラード-OG-(SL)、62' ピアーティ-PK-(SL)、71' セート(SL)
--------------------------------------------------------退場--------------------------------------------------------
なし
-----------------主審------------------------------------------------------------------------会場-----------------
ネストル・ピターナ                         ヌエーボ・ガソーメトロ
=====================================================================

イニシアル2013 第16節 vs ベルグラーノ(H)ネット中継

2013年11月15日金曜日

イニシアル2013 第16節 vs ベルグラーノ(H)直前情報

日本時間11月17日(日)8時20分キックオフ。

サン・ロレンソ2位(勝ち点27) ベルグラーノ12位(同20)

===============================予想布陣===============================
トリーコ
 アルバラード セート ジェンティレーティ マス
カリンスキ メルシエール
ロマニョーリ コレーア ピアーティ
ビジャルバ
-----------------------------------------------------ベンチ入り-----------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:プロスペリ、カタラーン、フォンタニーニ MF:オルティゴーサ
MF:エリサーリ、ルイス、カバラーロ FW:コントレーラス から7人
=====================================================================

両SBブファリーニとカネマンが出場停止。
4番はアルバラードがサイドに回ってカヴァー。
空いた2番にセート。
3番には本職マス。
中盤から前は変更なし。

対ベルグラーノ。

昨期は第2節にHOMEで対戦し結果は0-0の引き分け。
得点、失点の匂いが最後の最後までしていましたが、入りませんでした。

<直近10試合>
13終期第2節:サン・ロレンソ 0-0 ベルグラーノ ※上記
12始期第2節:ベルグラーノ 0-0 サン・ロレンソ
12後期第5節:ベルグラーノ 1-2 サン・ロレンソ
11前期第5節:サン・ロレンソ 0-1 ベルグラーノ
07後期第3節:サン・ロレンソ 1-0 ベルグラーノ
06前期第3節:ベルグラーノ 2-2 サン・ロレンソ
02後期第7節:サン・ロレンソ 0-0 ベルグラーノ
01前期第7節:ベルグラーノ 1-0 サン・ロレンソ
01後期第4節:サン・ロレンソ 2-0 ベルグラーノ
00前期第4節:ベルグラーノ 0-1 サン・ロレンソ

4勝4分2敗(8得点5失点)。
うちHOMEでは5戦2勝2分1敗(3得点1失点)。
これらを含め通算成績は25戦12勝10分3敗(27得点17失点)。
うちHOMEでは12戦7勝4分1敗(9得点2失点)。

アスルグラーナはここ相手に3回しか負けていません。
しかし彼らが昇格を果たしてからの4戦は1勝2分1敗で五分。
ついにHOMEでも敗戦を喫しています。
現在当カードは2連続スコアレスドロー中です。
セレステは今期ここまで5勝5分5敗と良すぎず悪すぎず。
今回一番後ろの数字を6にしてやりましょう。

主審はネストル・ピターナ。

最後に担当したゲームは今期第2節AWAYでのラシン戦で結果は3-0の勝ち。
20分、ピアーティのパスを受けたカウテルーチョが9番の仕事をきっちりこなしゴラーソ。
62分、ロマニョーリのCKをニアのマスが後ろに流してファーのセートがフィニッシュ。
その7分後、カウンターからビジャルバが抜け出して駄目押し。
完全無観客の敵地で開幕連勝を飾りました。

<直近10試合>
13始期第02節:ラシン 0-3 サン・ロレンソ ※上記
13終期第12節:キルメス 1-2 サン・ロレンソ
13終期第07節:サン・ロレンソ 0-1 ニューウェルス
12始期第07節:ニューウェルス 1-0 サン・ロレンソ
12始期第02節:ベルグラーノ 0-0 サン・ロレンソ
11/12入替戦①:インスティトゥート 0-2 サン・ロレンソ
12後期第16節:サン・ロレンソ 3-2 ニューウェルス
12後期第09節:ラシン 1-1 サン・ロレンソ
12後期第02節:サン・ロレンソ 1-1 エストゥディアンテス
11前期第16節:ニューウェルス 0-0 サン・ロレンソ

4勝4分2敗(12得点7失点)。
うちHOMEでは3戦1勝1分1敗(4得点4失点)。
これらを含め通算成績は22戦8勝6分8敗(22得点19失点)。
うちHOMEでは7戦3勝2分2敗(10得点7失点)。
ピラータスの戦績は不明。

マタドーレスはこの審判ジャッジ下の勝敗をようやくタイに戻しました。
一気に若返りが進んだレフェリー界でヴェテランの部類に。
HOMEでもAWAYでもまんべんなく微妙。

詳しくは後日書きますが、3チーム以上での優勝決定戦は規則で開催されなくなったそうです。

AGUANTE EL CICLON!!

2013年11月10日日曜日

イニシアル2013 第15節 vs ニューウェルス(A)ダイジェスト

勝ち点2差変わらず。


個人編集。

ブファリーニとカネマンがイエローを甘受。
累積警告で次節は出場停止に。
両SBの変更が義務付けられます。

アルバラードとジェンティレーティのCBドュオに綻び。
今期リーグ戦では今節の他、第5~10節+前節でコンビ。
7試合無失点を続けてきましたが、ついにやられました。
5勝3分でまだ負けは記録していません。

サン・ロレンソは残り4試合で全部勝っても勝ち点39止まりに。
1勝=3ポイントになったのは1995/96シーズンからです。
その前から短期リーグへ移行済みですが、ポイント変更後としては36期経過。
その間優勝チームの勝ち点が40に届かなかったのはわずかに7回。
ボカ(2)、ニューウェルス(2)、ラヌース、ベレス、アルセナル。
平均は41.81ポイント。
最高はアスルグラーナの47ポイント。
最低はロヒネグロの36ポイント。
これはあちらさんの勝ちパターンか?
08前期は39ポイントで3チームが並びプレイオフに突入。
CASLAとCABJとCATが戦いそれぞれ1勝1敗。
得失点差によりボスタでした。
久しぶりに優勝決定戦という線も捨てきれませんね。

2013年11月9日土曜日

イニシアル2013 第15節 vs ニューウェルス(A)結果

1-1。
両者譲らず。


24分、開始からシクロン押し気味の中一瞬の隙を突かれて元フランス代表。
その5分後、コレーアのクロスをビジャルバが落としてフリーのピアーティが豪快ボレー。
同点で迎えた後半は前半ワンチャンスだけだったレプラが持ち直し拮抗した展開。
お互いそこそこの回数ゴールに迫りましたが、決め切れませんでした。

全体的にアスルグラーナは勝ち点2を落とし、ロヒネグロは勝ち点1を獲得したと言ってよい内容。
あちらは優勝を賭けた直接対決でこちらだけを意識し過ぎたか?
明日以降に試合があるアルセナルとボカに復活の機会を与えることに。

次節も土曜日、HOMEでベルグラーノと対戦します。

=================================出場=================================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ(88' ナバーロ) メルシエール
ロマニョーリ(68' カバラーロ) コレーア ピアーティ
ビジャルバ(77' オルティゴーサ)
-------------------------------------------------------ベンチ-------------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:セート、マス MF:ルイス 監督:ピッツィ
--------------------------------------------------------得点--------------------------------------------------------
24' トレセゲ(NOB)、29' ピアーティ(SL)
--------------------------------------------------------退場--------------------------------------------------------
なし
-----------------主審------------------------------------------------------------------------会場-----------------
シルビオ・トルーコ                         コローソ・デル・パルケ
=====================================================================

イニシアル2013 第15節 vs ニューウェルス(A)ネット中継

2013年11月8日金曜日

イニシアル2013 第15節 vs ニューウェルス(A)直前情報

日本時間11月10日(日)8時20分キックオフ。

サン・ロレンソ2位(勝ち点26) ニューウェルス1位(同28)

===============================予想布陣===============================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ メルシエール
ロマニョーリ コレーア ピアーティ
ビジャルバ
-----------------------------------------------------ベンチ入り-----------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:フォンタニーニ、セート、マス MF:オルティゴーサ
MF:ナバーロ、エリサーリ、ルイス、カバラーロ から7人
=====================================================================

前節の先発11人リピート。
サブ候補セート出場停止明け。
純FWの控えゼロ。

対ニューウェルス。

昨期は第7節にHOMEで対戦し結果は0-1の負け。
36分、マクシミリアーノ・ロドリーゲス。
試合後パブロ・ミグリオーレがしょっぴかれるおまけも付きました。

最後にAWAYで対戦したのは一昨期第7節。

結果は0-1の負け。
81分、ペナルティエリア内でマスエーロに不運なハンド判定。
外しまくっていたエースのエスコーコが得点王レース単独トップに躍り出る決勝点。
この時2枚目のイエローを免れれたDFは3分後に別のファウルでもらい退場。
点差以上の惨敗でした。

<直近10試合>
13終期第07節:サン・ロレンソ 0-1 ニューウェルス ※上記
12始期第07節:ニューウェルス 1-0 サン・ロレンソ ※上記
12後期第16節:サン・ロレンソ 3-2 ニューウェルス
11前期第16節:ニューウェルス 0-0 サン・ロレンソ
11後期第17節:ニューウェルス 0-0 サン・ロレンソ
10前期第17節:サン・ロレンソ 0-0 ニューウェルス
10後期第19節:サン・ロレンソ 2-1 ニューウェルス
09前期第19節:ニューウェルス 0-2 サン・ロレンソ
09後期第15節:サン・ロレンソ 0-2 ニューウェルス
08前期第15節:ニューウェルス 3-3 サン・ロレンソ

3勝4分3敗(10得点10失点)。
うちAWAYでは5戦1勝3分1敗(5得点4失点)。
これらを含め通算成績は147戦59勝43分45敗(219得点184失点)。
うちAWAYでは74戦21勝23分30敗(87得点100失点)。

対ロヒネグロここ2戦は無得点で連敗中。
AWAYではここ3戦無得点で勝ち星なし。
最後に敵地でアスルグラーナが勝利したのは09前期最終節。
ファビアン・ボルダガラーイの2ゴールにより相手の優勝を阻止。
このカンチャの正式名称にマルセーロ・ビエルサの名が入る1週間ちょっと前のことでした。
今期は現時点でともに8勝。
得点はあちら21に対してこちら22。
失点はどちらも12とほとんど同じ。
しかし、あちら2敗に対してこちらは4敗。
勝ち点2差で1位と2位という位置関係になっています。
7節から5連勝で12節ラ・アカデミアとのAWAYクラシコを迎えたラ・レプラはそこで敗戦。
以後2分けで首位をキープしているものの調子は落としている模様。
エル・シクロンが単独トップに立つチャンスは十分にあるでしょう。

主審はシルビオ・トルーコ。

最後に担当したゲームは昨期第18節AWAYでのインデペンディエンテ戦で結果は1-0の勝ち。
59分、アンヘルの一撃。
同時刻に行われた他チームの試合結果からディアブロスのB落ちが確定。
サントスが精神的にとどめを刺しました。

<直近4試合>
13終期第18節:インデペンディエンテ 0-1 サン・ロレンソ ※上記
13終期第11節:サン・ロレンソ 1-1 ゴドイ・クルス
12始期第06節:サン・ロレンソ 2-1 コロン
11後期第19節:バンフィエルド 1-1 サン・ロレンソ

2勝2分0敗(5得点3失点)。
うちAWAYでは2戦1勝1分0敗(2得点1失点)。
マタドーレスとこのレフェリーはこれらが全て。
レプローソスの戦績は不明。

まだ負けなし。
当カード直近2季=4期=4対戦連続で同一審判が裁くという珍事あり。
ネストル・ピターナで、勝った試合含めけっこう苦しみました。
ようやく風向きを変えられるか?

喰らいついて何とか同じ土俵に上がることが出来ました。
頂上決戦。

AGUANTE EL CICLON!!

2013年11月6日水曜日

イニシアル2013 第14節 vs ボカ(H)Pasión Latina

パシオン・ラティーナ、再び現る!


ラテンの情熱。

名前はPasión Latinaながら世界中の熱いゴール裏に注目している彼(ら)。
アルゼンチンではやはりラ・グロリオーサ中心の収録です。
全65アップロード中今日現在最も再生回数が多いのはもちろんクエルボス!!

それから・・・


クラブ公式。

珍しく凝った作りになっています。

改めて見ると、1階建て屋根無しのゴール裏もいいもんですね。

2013年11月5日火曜日

イニシアル2013 第14節 vs ボカ(H)ゴール裏

今期HOMEはあと2試合。


インチャーダ入場。


チーム入場。


キックオフ直前。


PK獲得。


ゴ~~~~~ル!


押せ押せ。


さらに押せ押せ。


ピピ交代。


トリーコPKセーヴ。


試合終了。


ボカおちょくり。

第16節対ベルグラーノ、第18節対エストゥディアンテスです。

2013年11月4日月曜日

イニシアル2013 第14節 vs ボカ(H)ダイジェスト

サン・ロレンソにとって、ボカ=エキーポ・チーコ=雑魚。


個人編集。

キックオフ前、カピタンのアルバラードにイエローカード。
チームがペットと共に入場したためとか、コイントスの後にサイドチェンジが遅かったためなどと言われていますが、はっきりしません。
少なくとも犬猫の類はピッチ上で確認できず。

そのサイド選択。
アルゼンチンリーグでは前半にAWAYのGKがHOMEのインチャスを背負うようにレフェリーか"らおススメ"され、実際ほぼ毎回そうなっています。
しかし今回は久しぶりに逆でした。

コレーアは対ボステーロ2戦2発。
昨期対戦時にプリメーラ初ゴールを記録したのに続き昨日決勝点。
最近ヨーロッパのビッグクラブからマークされている彼はロサリオ出身のカナージャです。
次節同地で行われる対宿敵レプローソでもゴールを奪ってもらいましょう。

与えたPK。
カネマンのジグリオーティへの"ファウル"はお咎めなし。
続くジェンティレーティのエルベスに対するファウルが取られていました。
中継では最初の方をリプレイで流していましたが、笛のタイミング的にも後ですね。

敗軍の守護神オリオーン、完敗を認める。
「『勝ち点3を落とした』と言うのはおこがましい、落としたとすれば勝ち点1だ」と。

敗軍の将ビアンチ、完敗を認める。
「最後にペレスのPKが決まって引き分けていたら、全く内容に値しない結果になっていた」と。

このかつての名将とラモンには末永くそれぞれのチームを率いてもらいたいものです。

2013年11月3日日曜日

イニシアル2013 第14節 vs ボカ(H)結果

1-0。
トリーコ神。


25分、エルベスのペナルティエリア内ハンドでPK獲得。
キッカーはロマニョーリ、ボエードではこのシチュエーションで1回も防いだことがないオリオーンと対峙し敗れる。
後半始まって1分、ピアーティが左サイドを制しコレーアへ、アンヘリート落ちついてゲット。
88分カネマンがボックス内でジグリオーティを引き倒しPK献上。
キッカーはペレス、コパ・アルヘンティーナで散々ストップしてきた守護神が今回も。
チャウ、ウンコ野郎ども!

今期のクラシコ3試合無失点全勝。
単独2位浮上で首位との決戦へ!!

次節は土曜日、AWAYでニューウェルスと対戦します。

=================================出場=================================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ(82' フォンタニーニ) メルシエール
ロマニョーリ(69' オルティゴーサ) コレーア ピアーティ
ビジャルバ(74' ルイス)
-------------------------------------------------------ベンチ-------------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:マス MF:カバラーロ FW:コントレーラス 監督:ピッツィ
--------------------------------------------------------得点--------------------------------------------------------
46' コレーア(SL)
--------------------------------------------------------退場--------------------------------------------------------
なし
-----------------主審------------------------------------------------------------------------会場-----------------
ヘルマン・デルフィーノ                        ヌエーボ・ガソーメトロ
=====================================================================

イニシアル2013 第14節 vs ボカ(H)ネット中継

2013年11月2日土曜日

イニシアル2013 第14節 vs ボカ(H)直前情報

日本時間11月4日(月)6時15分キックオフ。

サン・ロレンソ4位(勝ち点23) ボカ3位(同24)

===============================予想布陣===============================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ カネマン
カリンスキ メルシエール
ロマニョーリ コレーア ピアーティ
ビジャルバ
-----------------------------------------------------ベンチ入り-----------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:プロスペリ、フォンタニーニ、マス MF:オルティゴーサ
MF:ナバーロ、ルイス、カバラーロ FW:コントレーラス から7人
=====================================================================

前節試合終了後セートがレフェリーに暴言を吐き今節出場停止に、アルバラードが先発復帰。
あとは同じメンバーです。
負傷した状態で加入したフォンタニーニが初めてリストに入りました。

対ボカ。

昨期は第13節にHOMEで対戦し結果は3-0の勝ち。
18分、カネマンの左からのクロスをブファリーニが折り返しベローンがフィニッシュ。
39分、コレーアがペナルティエリア内で倒されて?得たPKをブーファがきっちり。
53分、PKゲットのピーベがプリメーラ初得点となるゴラーソ。
90分を全うした後かわいそうなジュニアにPKが与えられるもシルバ特大アーチ。
パパの完勝でした。

<直近10試合>
13終期第13節:サン・ロレンソ 3-0 ボカ ※上記
12始期第13節:ボカ 3-1 サン・ロレンソ
12後期第04節:サン・ロレンソ 0-2 ボカ
11前期第04節:ボカ 1-1 サン・ロレンソ
11後期第05節:サン・ロレンソ 1-0 ボカ
10前期第05節:ボカ 1-2 サン・ロレンソ
10後期第16節:ボカ 2-0 サン・ロレンソ
09前期第16節:サン・ロレンソ 3-0 ボカ
09後期第13節:サン・ロレンソ 1-1 ボカ
08前期優勝決定戦第2戦:サン・ロレンソ 1-3 ボカ

4勝2分4敗(13得点13失点)。
うちHOMEでは6戦3勝1分2敗(9得点6失点)。
これらを含め通算成績は180戦70勝47分62敗(258得点249失点)。
うちHOMEでは91戦41勝24分26敗(138得点114失点)。

1990/91シーズン第18節AWAYでの試合。
前半を終えCASLAが1-0でリード。
しかしハーフタイムに両陣営のインチャスが衝突しCABJ側に1名の死亡者、試合は中止に。
後日、両チーム負けの裁定が下されました。
これにより1試合数字が合わなくなっています。
HOME扱いのアペルトゥーラ2008プレイオフはラシンのカンチャです。
今期早々に終わったと思われたシェネイセ。
あのジグリオーティが急にはじけて5試合連続得点中。
上昇してきました。
ただ内容自体はいつものウンコなので、マタドールは良く知ってる9番を抑えれば大丈夫でしょう。

主審はヘルマン・デルフィーノ。

最後に担当したゲームは今期第6節AWAYでのセントラル戦で結果は2-0の勝ち。
26分、カウテルーチョが4人にケアされながらもゴラーソ。
しかしゴレアドールは右膝十字靭帯断裂でこの5分後にビジャルバと交代。
85分、そのティートが駄目押し。
この後カナージャスDTルーソに退席処分。
サントスは高い代償を払いながら勝ち点3を獲得しました。

<直近10試合>
13始期第06節:セントラル 0-2 サン・ロレンソ ※上記
13終期第04節:サン・ロレンソ 2-0 リーベル
12始期第13節:ボカ 3-1 サン・ロレンソ
12始期第08節:サン・ロレンソ 1-2 ベレス
12始期第04節:リーベル 0-0 サン・ロレンソ
12後期第19節:サン・ロレンソ 3-1 サン・マルティン(SJ)
12後期第15節:ウニオン 1-0 サン・ロレンソ
12後期第11節:バンフィエルド 1-1 サン・ロレンソ
11前期第07節:サン・ロレンソ 1-3 Atl.ラファエラ
11後期第08節:サン・ロレンソ 1-2 コロン


3勝2分5敗(12得点13失点)。
うちHOMEでは5戦2勝0分3敗(8得点8失点)。
これらを含め通算成績は11戦4勝2分5敗(15得点13失点)。
うちHOME同上。
ボスタの戦績は不明。

実際のラストゲームは先日のコパ・アルヘンティーナ2012/13ファイナル対ビアドゥクト。
ピアーティに正当なジャッジで一発レッド、シクロンは0-3の惨敗を喫しました。
リーグではこの人で2連勝中。
とりあえず五分に戻したい。

昨日、首位ニューウェルスが移籍金未払いで勝ち点6を剥奪されたコロンとAWAYでドロー。
2位アルセナルもHOMEでオール・ボーイスと引き分け。
まだまだ行けます。

AGUANTE EL CICLON!!