2015年9月11日金曜日

プリメーラ2015 第24節 vs ウラカン(A)直前情報

日本時間9月13日(日)6時10分キックオフ。

サン・ロレンソ1位(勝ち点50) ウラカン26位(同21)

<予想布陣>
トリーコ
ブファリーニ カルーソ ジェペス マス
メルシエール オルティゴーサ
ビジャルバ ブランコ
カウテルーチョ マートス

<ベンチ入り>
GK:デベーキ DF:カタラーン、セート、アリアス
MF:カリンスキ、ムーシス、ローレ、エリサーリ から7人

アリアスに代わりアルゼンチン代表遠征から帰国&出場停止明けのマス。
カリンスキに代わりパラグアイ代表遠征から帰国のオルティゴーサ。
前節左膝靭帯を痛め少なくとも3週間アウトの11番バリエントスに代わりダブル9番でマートス。

対ウラカン。

最後に対戦したのは今季第5節HOMEでの試合で結果は3-1の勝ち。

リーグ戦通算成績は155戦74勝40分41敗(291得点201失点)。

+アルファの"クラシコ"節。
我々の他、

サン・マルティン(SJ)対ゴドイ・クルス
インデペンディエンテ対ラシン
セントラル対ニューウェルス
エストゥディアンテス(LP)対ヒムナシア(LP)
コロン対ウニオン
リーベル対ボカ
ラヌース対バンフィエルド

というお馴染みのカードに加え、

Atl.ラファエラ対ベルグラーノ
ティーグレ対ベレス

等々の無理やりなものまで含め全15試合がそれぞれ"伝統の一戦"。
これらの組み合わせだけはシーズン中H&Aで2試合行い30チームで全30節構成。
残留順位表28位で降格の可能性を残しているグローボが相手のシクロン。
他に比べかなり有利なはずで逆に言うとドローでは気分的に敗戦と同じ。
AWAYでもきっちり勝ち点3を。

主審はセルヒオ・ペソータ。

リーグ戦で最後に担当したゲームは13終期第13節HOMEでのボカ戦で結果は3-0の勝ち。

ボエードとこのレフェリーのリーグ戦通算成績は47戦17勝14分16敗(59得点61失点)。
他、国内カップ戦2戦1勝1分(PK勝ち)0敗。
国際カップ戦3戦1勝1分(08リベルタ決勝T1回戦対リーベル第2戦2-2実質勝ち)1敗。
パルケ・パトリシオスとこの審判のリーグ戦通算成績は16戦7勝3分6敗。
最後に担当したゲームは今季第14節HOMEでのAtl.ラファエラ戦で結果は3-2の勝ち。
ラ・ケーマでマタドーレスがケメーロスに最後に勝利した09前期第15節の試合もこの人。
ものにしたのは2-0でこちら。

今季もすでに第四コーナー入り。
カーヴはそんなにきつくなく。
ラストのストレートも残された対戦を見る限り視界良好。

AGUANTE EL CICLON!!