2013年9月27日金曜日

イニシアル2013 第9節 vs ヒムナシアLP(H)直前情報

日本時間9月29日(日)4時00分キックオフ。

サン・ロレンソ2位(勝ち点16) ヒムナシア(LP)4位(同14)

===============================予想布陣===============================
トリーコ
ブファリーニ アルバラード ジェンティレーティ マス
オルティゴーサ メルシエール
ロマニョーリ コレーア ピアーティ
ベローン
-----------------------------------------------------ベンチ入り-----------------------------------------------------
GK:アルバレス DF:セート、カネマン MF:カリンスキ、ナバーロ
MF:エリサーリ、ルイス、カバラーロ FW:ビジャルバ から7人
=====================================================================

今期初、前節と同じ11人。
先発リピートは13終期第17節HOMEアルヘンティノス戦以来です。
アルバレスとカネマンが怪我から復帰。

対ヒムナシア(LP)。

最後に対戦したのは11後期開幕節HOMEでの試合で結果は1-1の引き分け。
16分、メンセゲースの鋭い一振りで先制。
69分、ヒメーネスがシミュレーション常習犯のギジェルモ・バロス・エスケロートに不用意な対応、主審バルダーシがお買い上げ。
悔しいドローでした。

<直近10試合>
11後期第01節:サン・ロレンソ 1-1 ヒムナシア(LP) ※上記
10前期第01節:ヒムナシア(LP) 0-0 サン・ロレンソ
10後期第12節:サン・ロレンソ 0-1 ヒムナシア(LP)
09前期第12節:ヒムナシア(LP) 2-2 サン・ロレンソ
09後期第12節:ヒムナシア(LP) 1-2 サン・ロレンソ
08前期第12節:サン・ロレンソ 1-1 ヒムナシア(LP)
08後期第13節:ヒムナシア(LP) 1-2 サン・ロレンソ
07前期第13節:サン・ロレンソ 1-1 ヒムナシア(LP)
07後期第10節:サン・ロレンソ 1-0 ヒムナシア(LP)
06前期第10節:ヒムナシア(LP) 3-2 サン・ロレンソ

3勝5分2敗(12得点11失点)。
うちHOMEでは5戦1勝3分1敗(4得点4失点)。
これらを含め通算成績は144戦72勝38分34敗(275得点170失点)。
うちHOMEでは70戦41勝19分10敗(156得点73失点)。

トリペーロスには通算38試合勝ち越し。
マタドーレスにとって対フネブレーロス+42試合に次ぐ大差でもっかプリメーラのクラブでは最多の貯金。
歴史的には楽な相手ですが、最近はいい勝負を繰り広げています。
相手は今回の1部再昇格後、第2節AWAYレプローソス戦が延期され開幕3連勝。
第4節の後にその試合を消化し大惨敗を喫しましたが、その後は1勝2分1敗で下から来たにしては上々の結果を残しています。
2分けの一つは前節AWAYで戦ったクラシコ・プラテンセで、先制するも主審のラベルニにぶち壊されたとのこと。
ピンチャラータス戦で鬱憤が溜まっているチーム、いつもより厄介です。

主審はマリアーノ・ゴンサーレス。

リーグ戦では今回が初ジャッジ。
昨シーズンのコパ・アルヘンティーナでは割り当てあり、動画のベスト16バラーカス・セントラル戦で結果は1-1(PK 5-4)の勝ち。
37分、メンデスのクロスにロメーオのボエード通算99ゴール目、キャリア最後のカベサーソで先制。
しかし84分、7分前に退場者を出した相手から同点弾を浴びPK戦へ。
六人目で決着が付きました。

クエルボとこのレフェリーはこれが唯一。
ロボの戦績は不明。

今期9試合中3試合で新しい審判投入です。
今のところは2試合で1勝1敗(3得点3失点)。
第4節AWAYキルメス戦で2-3の黒星デビューとなったフェルナンド・エチェニーケは前節のAWAYコロン戦2-0勝利で早くも挽回しています。
彼らとも早くに"勝ちぐせ"を付けられればよいですが。

次節対ティーグレもHOMEゲーム。
AWAYの方が成績が良く、「この連戦を活かしたい」と言えないのが悩みどころ。
この状況も変えたい。

AGUANTE EL CICLON!!