2011年4月15日金曜日

クラウスーラ2011 第10節 vsラヌース(H)直前情報

明日の午後、HOMEでラヌースと対戦します。

日  時:4月16日14時00分(日本時間翌2時00分)
カンチャ:ヌエーボ・ガソーメトロ
主  審:バルダッシ
順  位:サン・ロレンソ6位(勝ち点14) ラヌース7位(同14)
通算成績:サン・ロレンソの51勝29分34敗(226得点168失点)
直近結果:ラヌース 2-0 サン・ロレンソ(10前期第10節)
ネット中継:Justin.tv USTREAM ※ない場合あり

予想スタメンは以下の通りです。

GK:ミグリオーレ
DF:フェラーリ、トゥーラ、ボティネーリ
MF:カルモーナ、オルティゴーサ、A.トーレス、ルーナ
FW:メンセゲース、ベラスケス、サルゲイロ

再び3トップ。
プラセンテは前節退場し出場停止。
ヒメーネスは右太腿肉離れ。
フェラーリが4番、ルーナが下がり目3番で4バックの可能性も。

ベンチ入りは以下から7人。

GK:アルビール
DF:エルネル、パロミーノ
MF:J.M.トーレス、ペレイラ、レイノーソ、ロマニョーリ
FW:ペドローソ

アギーレ、メーサ、ベニーテスは右膝十字靱帯断裂で長期離脱中。
トンガの再手術は本日無事に終了しています。

対グラナーテ。
昨期はAWAYでの対戦で、結果は0-2の敗戦。

0-0で折り返し53分、ミスキック気味のCKがことごとくスルーされ、最後にその前の試合でもやられたカスティジェーホス。
その8分後、FKからの縦一本でパロミーノが対応を誤りPKを献上、ミグリオーレの読みは逆。
あっさり負けて3連敗となったアスルグラーナでした。
今回あちらは正GKのカランタが負傷し出られず。
"イタリア人"カモラネージも前節に引き続き?
前回ペドロ・ビデガインで戦ったのは09前期で、その時はアギーレが豪快なオウンゴールを決めています。
早く戻ってこい!
3節HOMEブランキセレステ戦で敗れた後に会長アブド対監督ディアスの戦いが勃発しました。
そして昨日、6月末で契約が切れる状況で、PRESIが後任DTにゴロシートの名前を挙げたことから、第2ラウンドのゴングが鳴ったと騒動に。
大丈夫かな?

主審はバルダッシ。
最後に担当したゲームは今期開幕節HOMEでのヒムナシア(LP)戦で、結果は1-1のドロー。

16分、お子さんが生まれたばかりの"稲妻"メンセゲースが鋭い一振りで出産祝い。
69分、"短足"ギジェルモのシミュレーションからPKをものにされ同点。
痛い引き分けでした。
これを含め国内リーグにおけるサン・ロレンソの試合実績は38戦19勝7分12敗(84得点76失点)。
一方、ラヌースとこのコルドバ人は28戦11勝5分12敗です。
今期は7節HOMEラシン戦で顔を合わせ、4-1の勝利を収めています。

元々今日19時10分試合開始予定だったのが、明日の昼過ぎからに変更。
ちょっくら忙しいので正直助かりました。

※上の動画は人様のものなので、消えちゃう可能性があります。